본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

フィラデルフィアでもコロナ感染者…MLB集団感染の危機

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
結局、米プロ野球メジャーリーグが集団感染の危機を迎えた。マイアミ・マーリンズで始まった新型コロナウイルス感染症が対戦相手チームのフィラデルフィア・フィリーズに広がった。

フィラデルフィア球団は31日(日本時間)、「コーチと球場管理職員の2人が新型コロナ陽性と判明した」と発表した。フィラデルフィアは25日-27日、米ペンシルバニア州フィラデルフィアのシチズンズ・バンク・パークでマイアミとホーム3連戦を行ったが、試合後にマイアミで少なくとも19人が新型コロナ陽性判定を受けた。新たな感染者は連日、確認されている。

このためフィラデルフィア選手団は次の試合日程のニューヨーク・ヤンキース戦を延期して全員が新型コロナ検査を受け、陰性判定を受けた。しかし30日の追加の検査で感染者が確認された。これを受け、フィラデルフィアはすべての練習のほか、8月1-3日に行われるトロント・ブルージェイズ戦も延期した。

トロントのチャーリー・モントーヨ監督は現地メディアのインタビューで「フィラデルフィア戦が延期になると聞いた。ワシントン戦が終わって宿泊する場所を探さなければいけない。我々が統制できることではないので前向きに対処する必要がある」と強調した。

メジャーリーグ事務局は「新型コロナのためシーズンを中断することはない」と強調した。しかし憂慮の声が高まっている。実際に連鎖感染が発生し、選手と関係者が不安を感じている。CNNは「マイアミの選手から感染したアトランタの選手がいれば、今後、拡大のペースはさらに速くなるかもしれない。試合に出ないことが最善だ」と指摘した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기