본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本、入国制限緩和をめぐる協議開始…韓国外交部「協議中」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓日両国間の相互ノービザ入国が中断した3月9日、仁川国際空港第2ターミナルで日本発旅客機に乗って到着した乗客が検疫と連絡先確認など特別入国手続きを踏んでいる。 キム・ソンリョン記者

韓国政府が日本と入国制限を緩和してビジネス目的の交流から再開する方針を協議していると30日、明らかにした。

外交部当局者はこの日「日本側と防疫力を維持する中、両国間必須的な経済活動の保障が必要だということに共感し、このような次元で両国が協議を開始した」と伝えた。

日本外務省はこの日からベトナムとタイからビジネス目的で入国する長期滞在者と商社の駐在員を対象にビザ発給を始めた。

ただし、日本国内の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の再拡大の兆しが明らかな状況で、早期に合意が実現することは難しいものとみられる。韓国の防疫当局も日本の状況を考慮して判断する問題だとして慎重な立場を明らかにした。

この日、中央防疫対策本部のクォン・ジュヌク副本部長は新型肺炎関連の定例記者会見で「関係部署などを通して日本の意図を理解している」としつつも「非常に留意して重く捉えるべき状況だと判断している」と話した。また「防疫当局者として懸念するのは現在日本の場合、政策の明確な変化がない中でWHOに申告される感染者の増加傾向が非常に強いということ」とした。

実際に、日本国内の拡大状況は日々深刻化している。29日には1264人の新規感染者が発生し、2月以降過去最多の一日感染者数を記録した。入国制限緩和をめぐる協議もこのような拡大状況を見守りながら進められるものとみられる。

一方、4月2日以降日本を離れた韓国人留学生や駐在員など長期滞留資格を持つ者は8月5日から日本への再入国が可能だ。日本政府が全世界146カ国を対象に施行中である入国拒否措置を緩和しながらだ。ただし、日本政府が該当国家に対して入国を拒否する前に出国した場合に限って対象になるため、韓国人の場合、4月2日以前に日本を離れた人に限って再入国が可能だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기