본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

WSJ「米中、ファーウェイで戦えば…サムスンが5Gの反射利益」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ファーウェイ

米国と中国が互いにヒューストンと成都総領事館の閉鎖に踏み切るなど対立の度合いを高めている中、サムスン電子が5世代(5G)移動通信装備市場で反射利益を得る可能性があるとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が27日(現地時間)、分析した。

WSJはこの日、「ファーウェイ(華為技術)をめぐる米中葛藤でサムスン電子の5G急襲」という見出しの記事を通じてこのような見通しを出した。米国に続いて英国まで5G事業から中国のファーウェイを外し、他の国もファーウェイの排除を検討する状況が続けばサムスンが利益を得る可能性があるという見通しだ。

WSJは「地政学的な対立は業界4位企業であるサムスン側に未来成長エンジンの核心とされる通信装備市場に進出する大きな機会を提供している」として現在のサムスンがドル箱であるスマートフォンとテレビ事業の不振に苦しめられる中で通信装備部門に数十億ドルを投資していると分析した。

サムスンに対するこのような展望はサムスンの競合企業などが米中葛藤という構造から自由でないためだ。サムスンはベトナムと韓国の工場だけで5G通信装備を生産中だが、競争会社であるエリクソン(2位)とノキア(3位)は中国に装備工場を置いているためだ。

WSJは欧州連合(EU)諸国がファーウェイ製品を排除する場合、中国政府が自国で製品を生産しているエリクソンとノキアに対して輸出規制に関連した報復のカードを検討中だと最近報道したことがある。サムスンはこのような「報復の輪」から離れているわけだ。

通信分野の分析家もサムスンの5G販売が今後向上する可能性があるとWSJに伝えた。サムスンはここ8カ月間カナダとニュージーランドを含んで4件の5Gネットワーク装備の供給契約を新たに結んだ。

ただし、WSJはサムスンの小さい市場シェアを指摘し、サムスンのネットワーク装備市場の拡大は短時間で行われることはできないと分析した。市場調査会社デローログループの統計によると、サムスンの5Gの市場シェアは13%でファーウェイ、エリクソン、ノキアに続いて4位だ。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기