본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国プロスポーツ観客入場へ…野球は26日、サッカーは8月1日から

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新型コロナウイルスの感染拡大のため利用されていなかった韓国プロスポーツの観客席がようやく開放される。

文化体育観光部の関係者は24日、「丁世均(チョン・セギュン)首相が政府ソウル庁舎で開く新型コロナ対応中央災難安全対策本部会議で、プロスポーツの観客入場再開について議論する」と明らかにした。

政府はプロスポーツ観客席を部分的に開放する方針を決めている。文化体育観光部の関係者によると、プロ野球は26日から観客を入れるという。プロサッカーは8月1日に観客を迎える計画だ。ともに競技場の収容可能人員の10%以内で入場を認めることが有力視される。

韓国プロ野球(KBO)関係者は「KBOと球団は観客の入場に向けて事前の準備を終えた状態」とし「すべての球団が26日から観客を迎えることができる状態かについて確認が必要だ。可能な球団があれば26日から観客入場プロセスを進める」と述べた。

プロサッカー連盟も似た立場だ。連盟関係者は「政府が観客の入場を認めれば、1週間ほどの準備期間を置いた後、ファンを迎えるというガイドラインを設けた状態だ。8月1日から可能なら我々の計画とも合う。その間、球団が有観客状況に着実に備えてきただけに、支障なく進行できるだろう」と説明した。

政府がプロスポーツの観客入場を認める方針を決めたことで、球団の財政事情も改善していく見通しだ。野球とサッカーを問わず多くの球団が観客を誘致できず、ホーム試合の収益をあきらめてシーズンを進めてきた。政府はひとまず観客の規模を座席の10%水準に維持するものの、今後は状況を眺めながら段階的に拡大していく方針だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기