본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「文政権独裁」の指摘に…丁首相「全くそう思わない…不動産問題は申し訳ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

丁世均(チョン・セギュン)首相

韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相が23日、「文在寅(ムン・ジェイン)政権が独裁に向かっているとは全く思わない。その近くにも行っていない」と述べた。

この日、野党・未来統合党の徐秉洙(ソ・ビョンス)議員は、民主党が行政首都の完成を主張していることについて、「民心が揺れるたびに遷都した王朝時代が思い浮かぶ。選挙にイシューとして利用するということだ。どうして今なのか」と問題を提起した。

徐議員が「国会と青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)などの世宗(セジョン)移転を提案した金太年(キム・テニョン)共に民主党院内代表の提案は与党・政府・青瓦台間の協議を経た発言なのか」と尋ねると、「与党・政府・青瓦台がその問題について緊密に相談したことはない」と答えた。

「実際に世宗市に移すのなら実践計画はあるのか」という質問に対しては、「政府が首都移転を推進するのではなく、党で検討があったと理解している」と話した。

20日に大統領直属の国家均衡発展委員会が公共機関の追加移転案を文在寅大統領に報告したことについては「民心収拾用というのは誤解。国家均衡発展委員会がそれを準備して検討し始めたのはかなり前だ。最近報告されたということであり、報告書を突然作って大統領に報告したのではない」と説明した。

不動産問題については謝罪の意を明らかにした。「政府を代表して国民に謝罪する考えはあるのか」という尹厚徳(ユン・フドク)民主党議員の質問に対し、丁首相は「不動産問題で国民に心配をかけ、政府を代表する首相として申し訳なく思う」と述べた。

尹厚徳議員が「(住宅供給案の一環として)泰陵(テルン)ゴルフ場と陸軍士官学校の敷地の活用について政府はどういう立場か」と尋ねると、丁首相は「陸軍士官学校の敷地については検討していない」と答えた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기