본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国資本市場研究院「韓米通貨スワップ資金、銀行以外の金融機関への供給案も講じなければ」

ⓒ 中央日報日本語版
韓国資本市場研究院のイ・スンホ研究委員が、銀行以外の金融機関にも韓米通貨スワップ資金が供給されるよう方策を講じるべきとの考えを明らかにした。

資本市場研究院のイ・スンホ選任研究委員は21日、「韓国証券会社の外貨流動性危機に対する評価と課題」と題する資本市場フォーカス報告書で、韓国の外国為替当局に対し「証券会社の外貨流動性危機が外国為替市場全体に転移しないよう非常時の迅速な流動性支援体系を強化する必要がある。外貨準備高や韓米通貨スワップ資金などを利用した外貨貸付が、緊急資金が必要な銀行以外の金融機関に迅速で円滑に供給できる案を講じることが重要だ」と話した。

イ・スンホ研究委員は「証券会社の海外投資と関連した類似の外貨流動性問題で金融安定が阻害される可能性を全く排除することは難しい」としてこのように主張した。イ研究委員は▽耐えられる水準のELS発行と独自ヘッジ割合管理▽証券会社の外貨資金調達チャンネル多角化▽当局の外貨流動性支援体系強化▽通貨と満期のミスマッチの最小化に向けた政策手段策定などを対応方向として提示した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기