본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国有名プロデューサーの新作バラエティ、日本ゲームを盗作?…製作スタッフ「全く事実でない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

tvNバラエティ番組『'夏休み』の一シーン[写真 CJ ENM]

韓国有名プロデューサー、ナ・ヨンソクPDの新作バラエティ番組tvNの『夏休み』が日本が発売したPlayStation(プレイステーション)用ゲームのコンセプトを真似したという疑惑が提起された。17日初めて放映された『夏休み』は女優チョン・ユミと俳優チェ・ウシクが江原道(カンウォンド)のある漁村にある家を借りて休みを過ごす内容だ。二人は散歩、料理、農作物の収穫、体操などをして寝る前には絵日記をつけることで一日を終える。

放送後18日、あるオンラインコミュニティでは『夏休み』が日本ソニー社が作ったゲーム『ぼくのなつやすみ』を盗作したという主張が提起された。2000年日本内需用で発売されたこのゲームは1970年代日本を背景に夏休みを迎えた都市の少年が田舎に行って休みを過ごす日常をゲーム化した。プレーヤーは田舎生活のさまざまな経験を選んで時間を過ごすのが主な内容だ。北海道瀬戸内海など日本の主な地方を背景にして4編まで製作された。コンソールゲーム機であるプレイステーション専用であるうえに、ハングル化していないため韓国でアクセシビリティは低い方だ。

ネットユーザーは夏休みに田舎に行って各種体験をして絵日記をつける全体的なコンセプトが似ているという疑いを提起している。さらに、出演者が居住する住宅も内部構造などが敵産家屋(解放後政府に帰属して一般人に払い下げられた日本人所有の住宅)のようだという指摘も出た。

論議に対して製作スタッフは19日『夏休み』のインスタグラムを通じて釈明した。製作スタッフは「特定ゲームと似ているという意見については該当ゲームを知らず、全く参考にしなかったことを申し上げたい」と話した。また、敵産家屋をめぐる論議に対しても「1950年代に建てられた古宅だったため、製作を準備する過程で元の状態を土台に屋根の色と外観を片付ける程度で工事を進めた」として「家や内部空間はそれほど重要でないと思ったが、その過程で視聴者の方々が感じられる心地悪さを注意深く考慮できなかったことに申し訳ない」と説明した。

これを受け、放送関係者の間では昨年韓日葛藤が深刻化したことに伴う行き過ぎた反応という声も出ている。ある放送関係者は「たとえ『夏休み』が日本ゲームの形式を持ってきたといってもバラエティ番組を真似したわけでもないため、大きな問題になるとは思わない」とし、(今回の論議は)やPDに対する期待感と最近の反日の雰囲気が働いたようだ。その間『マリオ』や『ストリートファイター』など日本ゲームのコンセプトを使ったりパロディにしたりしたバラエティが多かったが、これらを問題にしたことはないのではないか」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기