본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ILUV出身シン・ミナ、いじめで自殺試みた…所属事務所「でたらめな主張」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

シン・ミナ[インスタグラム キャプチャー]

ガールズグループILUV(アイ・ラブ)出身のシン・ミナが同グループのメンバーに嫌がらせを受けたと主張している中、所属事務所WKS ENEは「虚偽事実の流布」と反論した。

16日、所属事務所WKS ENEは公式な立場を発表し「最近、所属アーティストのミナがILUVのメンバー6人全員から暴言や暴行などのいじめを受けたという虚偽事実を流し、所属アーティストや別の道を探している元メンバーたちの名誉を著しく毀損している」と述べた。

所属事務所側は「ミナは健康上の理由で1月から休憩中で、会社は休憩中のミナに新しいプロジェクトの機会をあげようとしたが回復するまでもっと時間が必要だと言うため継続して休暇の延長を許可している状態で、このようなことが発生したのは非常に遺憾だ」とし「所属事務所とILUVの元メンバー6人はミナが主張する内容が決して事実ではないことを明確に申し上げる」と強調した。

また、「ミナが対面を拒否している中、どのような理由のためか分からないが、重度の不眠など精神的な疾患を抱えていると本人のSNSアカウントで明かしているため、理解の心を持って積極的な対応を自制し、健康が回復することを願う」とし「自らの精神的な健康に問題を抱えているという1人の一方的で根拠のない主張が流布されることにより、6人のILUVのメンバーが、むしろこれによりショックを受けたり傷ついており、特に寮で一緒に生活していなかったメンバーまで加担したと名指しされていることについて理解できないという立場」と説明した。

また、所属事務所側は「根拠のない内容を拡散させ続け、所属アーティストたちのイメージや名誉を毀損する行為については、アーティストを保護するために別の法的措置を進めるしかない」とし「確認が取れていない内容に対する推測性の記事や引用、これに基づく悪性コメントは控えていただき、誤解によるものであれば進んで取り下げていただければ感謝する」と付け加えた。

先立って15日、シン・ミナは自身のユーチューブチャンネル「ココア」に「警察官様ありがとうございます」というタイトルの動画を公開した。この動画ではシン・ミナは自身が漢江(ハンガン)で極端な選択(自殺)を試みたところ救助されたという話と共に「しばらく休息を取らなければならなさそうだ」と述べ「このユーチューブを見ているであろうあの方たち、私は本当につらい。どうかいじめるのは止めてほしい」と訴えた。

また、シン・ミナは14日、自身のインスタグラムにも「私がやられて悔しい思いをしたことをなぜ秘密にしなければならないのか理由が分からない。人として、正式に謝罪しなければならないとまず先に考えるべきではないか、私を苦しめた人たちに謝罪してほしい」と投稿した。

その後、オンラインコミュニティに関連事件について書いた文章が掲載された。この文にはシン・ミナがガールズグループで活動していた当時、一部のメンバーに暴行と暴言を受けたという内容が書かれ、「いじめ論争」がさらに高まった。

また、会社の公式発表が出た後、シン・ミナはインスタグラムに「私のうつ病、パニック障害、不眠症は会社に入ってからメンバーのために生じたものだと会社の人はみんな知っているではないか。メンバーのせいで苦しんでいることをみんなご存知で、私に秋まで活動を中断しろって言ったのに」と述べ、「ソロアルバムのことは聞いたこともない。嘘はやめて」と改めて反論した。

一方、4月にデビューしたILUVは8月にBOTOPASSとして再デビューを控えている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기