본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国野党院内代表、与党代表のソウル市長セクハラ疑惑事件謝罪に「誠意ない…極めて遺憾」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

未来統合党の朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表

韓国与党・共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表が15日、故朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長のセクハラ疑惑事件について謝罪したことに対し、野党・未来統合党の朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表が「世論に勝てず、誠意のない反省をしたようだ」と批判した。

朱院内代表はこの日午後、国会で開かれた議員総会で「朴市長のセクハラ事件に関連して民主党がきょう謝罪の立場を明らかにした」とし、このように述べた。また「(李代表は)謝罪する過程で被害者ではなく被害告訴人と呼んだ」とし「またも2次加害的な行動をした点は極めて遺憾」と語った。

朱院内代表は「ソウル市が(朴市長セクハラ疑惑関連の)真相究明をすると明らかにしたが、ソウル市はすでに何度か被害者の声を黙殺し、直接・間接的に加害した状況が表れている」とし「ソウル市が独自の真相調査をするということは、猫に魚屋を任せるようなものだ」と強調した。続いて「これが本当に反省する党の態度なのか、情けない限りだ」とし「国民が民主党の二律背反を正確に見て審判すると考える」と話した。

朱院内代表は「公務上の機密漏洩についてもソウル市庁で誰かが連絡を受けたとみられるため、ソウル市が真相調査の主体になってはいけない」とし「すでに事件の黙認と隠蔽の疑いを受けている状況で、ソウル市に真相調査を任せれば自分たちの責任を否定する結果を出す可能性がある」と指摘した。

続いて「警察は内部的に『公訴権なし』という結論を出したというので、事件を速やかに検察に移して、検察は特別捜査本部や特別検察官チームを設けてセクハラ事件の真実、公務上秘密漏洩の過程、黙認や隠蔽を共謀した証拠を徹底的に捜査し、責任がある人物に責任を問うべきだ」と主張した。

朱院内代表は「こうした中で文大統領は韓国版ニューディール総合計画を発表したが、新しい内容はほとんどない」とし「大統領の任期は2022年までだが、2025年度まで計画を立てたのも納得できない」と批判した。さらに「雇用を創出するのは企業だが、大規模な財政を投入して政府が雇用を作るという出発点から間違っている」とし「持続可能な未来型雇用よりも実績のための短期雇用でごまかそうとしている」と指摘した。

朱院内代表は「民主党の党憲には、党に所属した選出職が不正腐敗事件など重大な過ちで職位を喪失して行われる補欠選挙には候補者を推薦しないとなっている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領も党代表時代に候補を出してはいけないと話した」とし「しかしすでに民主党内では性犯罪は不正腐敗でない、党憲を改定して公認しようという話が出ているようだ」と非難した。

現行の民主党党憲は党所属公職者の不正腐敗など重大な過ちで補欠選が実施される場合、その地域に候補を出さないと定めている。しかし政界では民主党が「セクハラは不正腐敗でない」と解釈して候補を出したり、市民候補という形でう回的に公認するのではという見方が出ている。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기