본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本防衛白書、韓国に関する「幅広い分野での協力」記述削除

ⓒ 中央日報日本語版
日本が14日公開した2020年防衛白書で韓国との「幅広い分野での協力」という記述を削除したことが分かった。

日本防衛省は14日、2020年防衛白書を発刊した。防衛省は防衛白書で「日米同盟」をテーマに日本と米国の協力関係を説明した。また、日本と安保・防衛分野で協力する残りの国家を説明する部分に韓国はオーストラリア、インド、ASEAN(東南アジア諸国連合)などが含まれた。

韓国に関する記述で昨年には「防衛省・自衛隊としては韓国との間に幅広い分野での防衛協力を進めるとともに、連携の基盤の確立に努める」と関係改善への意志を強調したが、今年はこのような記述を削除して両国が北朝鮮の核・ミサイル問題などに直面していると共通の課題を説明する水準にとどめた。

一方、2020年防衛白書でも日本は独島(ドクト、日本名・竹島)が自国の領土だと主張した。今年まで16年連続で、韓国政府が遺憾の意向を明らかにするものとみられる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기