본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓経:「株式取得しても安定的経営できるか疑問」…チェジュ航空、事実上「イースター航空放棄」宣言

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
チェジュ航空が7日、イースター航空の買収について、「同社の株式を取得しても安定した経営ができるか疑問」と明らかにした。

チェジュ航空はこの日、公式の立場文を通じて「イースター航空に対する各種疑惑はチェジュ航空が買収しようとする株式の正当性に深い懸念を生んでいる」としてこのように明らかにした。事実上イースター航空の買収放棄宣言と評価される。

チェジュ航空はまた、「経営資金の出所など各種疑惑が今後の会社経営において懸念される」としてイースター航空の大株主である「共に民主党」のイ・サンジク議員一家をめぐる疑惑も買収を難しくするリスク要因だと指摘した。イ議員はイースター航空の株式を子女に便法贈与したという疑惑を受けている。

チェジュ航空は「これまでイースター航空は先行条件履行に誠実な姿勢を見せておらず責任回避にだけ汲々としてきた。先行条件履行が遅滞する間に新型コロナウイルスによる航空市場の困難が加重され、今回の買収に対してともに不良化する懸念が提起されている」と話した。

イ議員一家のイースター航空株式返納を通じた未払い賃金解決の提案には「ディールクロージング(契約終了)と全く違う次元の話」と一蹴した。チェジュ航空は「イースター航空の未払い金は約1700億ウォンで、未払い賃金は約260億ウォンにすぎない。現在の状況でディールをクロージングすれば未払い金と今後発生する債務をチェジュ航空が負担するほかない」とした。

イースター航空もこの日立場文を出し、「チェジュ航空が未払い賃金を負担すると約束した根拠がある。期限内に未払い賃金をすべてわれわれが解決しろというのは実現不可能な条件」と反論した。イースター航空労組も「チェジュ航空が構造調整と運航中断を主導しておきながら契約を破棄すれば従業員は未払い賃金を1ウォンも受け取れずに出て行くほかない」と主張した。

これに先立ちチェジュ航空は15日までに先行条件をクリアしなければ契約解除あり得るとの公文書をイースター航空に送った。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기