본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓経:ソウル、スタートアップ・エコシステム・ランキングで世界20位に上昇

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
創業政策や資金調達、研究開発(R&D)人材など全般的な創業環境を評価する世界スタートアップ・エコシステム・ランキングでソウルが270都市の中で20位を占めたことが分かった。3年ぶりに30位圏から急上昇した。

ソウル市は世界スタートアップ・エコシステムの分析機関「スタートアップ・ジーノム(Startup Genome)」が発表した「2020年世界スタートアップ・エコシステム・ランキング」報告書でこのような結果になったと28日、明らかにした。今回の評価は100カ国の270都市を対象に実施された。ソウルは調査の対象に含まれた2017年以降今年最も高い評価を得た。ソウルは昨年まで30位入りを果たすことができなかった。

スタートアップ・エコシステムの評価1位は米国サンフランシスコを中心にしたシリコンバレーであり、共同2位はニューヨークや英国ロンドン、4位は中国北京、5位は米国ボストンだった。

ソウルがスタートアップ・エコシステム・ランキングでランクアップした原因では、ユニコーン企業〔企業価値1兆ウォン(約890万円)以上のベンチャー企業〕の相次いだ登場、R&D能力の強化、高い特許出願率などが挙げられた。ソウルはゲーム産業と生命科学部門で強みがあるとジーノムは分析した。

ジーノムはソウルのスタートアップ・エコシステムの価値を47兆ウォンだと評価した。今までベンチャーキャピタル(VC)などがスタートアップとユニコーン企業などに投資したことを基準にして算出した企業価値の合算規模だ。

ソウルのユニコーン企業は「クパン(Kupang)」「優雅な兄弟(配達の民族)」「ビバ・リパブリカ(Toss)」「ヤノルジャ」「クラプトン(旧ブルーホール)」「ムシンサ(MUSINSA)」など10社だ。昨年末、韓国で11番目のユニコーン企業とされるバイオ会社「エイプロジェン(Aprogen)」は京畿城南市(キョンギ・ソンナムシ)に本社を置いている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기