본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>コロナ不況の中で「株価上昇」 欧州の韓国選手

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
欧州で韓国サッカー選手の株価が上がっている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界サッカー界の雰囲気が沈んでいる中、着実に活躍する姿を見せ、移籍市場のブルーチップに浮上した。

英オンラインメディアのHITCは24日、「ザルツブルク(オーストリア)が夏の移籍市場に出す韓国人FW黄喜燦(ファン・ヒチャン、24)に3400万ポンド(約45億円)の価格をつけた。それ以下では売る意思がないようだ」と報じた。

黄喜燦は来年6月にザルツブルクとの契約が終わる。ザルツブルクが移籍料収入を得るには今季終了後または冬の移籍市場で黄喜燦を売らなければならない。ザルツブルクのマーシュ監督は黄喜燦の移籍を既成事実とした。21日のオーストリア現地メディアのインタビューで「黄喜燦との決別は避けられない。彼は近くチームを離れると聞いている。より高いレベルの舞台に挑戦する彼の幸運を祈る」とまで話した。

今月初め、欧州サッカー移籍専門サイト「トランスファーマルクト」が推算した黄喜燦の予想移籍料は1000万ユーロ(約12億円)だった。その後、黄喜燦に注目するチームが増えると、1500万ユーロに上がった。ザルツブルクが「3400万ポンド」と言ったのは市場価値がさらに高まるという考えのためだ。黄喜燦は今季36試合で14得点、20アシストをマークした。黄喜燦の突破力とシュートに魅力を感じているアーセナル、ウルバーハンプトン、エバートン(以上イングランド)、ライプツィヒ(ドイツ)などがラブコールを送った。

独ブンデスリーガ2(2部リーグ)のホルシュタイン・キールのFW李在成(イ・ジェソン、28)も欧州サッカー界が注目している。速くて頭脳的な動きを見せながら今季31試合で9得点7アシストをマークした。ブンデスリーガ2を主に報道するリーガツヴァイは24日、「李在成が来年6月の契約満了を控えてキールの再契約提案を拒否した。アンデルレヒト(ベルギー)、クリスタル・パレス(イングランド)、ハンブルク(ドイツ)、そして名前が明らかにされていないプレミアリーグの1球団が獲得競争中」と伝えた。昨年、全北現代からホルシュタイン・キールに移籍した当時、李在成の移籍料は150万ユーロ(20億ウォン)にすぎなかった。

孫興民(ソン・フンミン、28)は自身の欧州サッカーアジア選手歴代最高移籍料(3000万ユーロ、410億ウォン)をまた更新する見込みだ。今月初め「レアル・マドリードが移籍料1億5000万ユーロを設定し、孫興民に目を向けている」という現地の報道があった。内外の期待感は大きい。報道後は特に目立った動きがない。しかし欧州のビッグクラブがいつでもエースとして起用できるFW選手として認められている。

プレミアリーグのトップクラスの選手としての能力は相変わらずだ。孫興民は24日にホームで行われたプレミアリーグのウェストハム戦(2-0勝利)に先発出場し、今季10アシスト目(16得点)をマークした。前半終了間際には右足シュートでゴールネットを揺らしたが、わずかな差でオフサイドとなった。

欧州組のニュースは韓国代表のパウロ・ベント監督(51、ポルトガル)も喜ばせている。大韓サッカー協会の関係者は「新型コロナの拡大でAマッチが開催されず、海外でプレーする選手を直接チェックするのは難しいが、良い便りが次々と聞こえてきてベント監督が喜んでいる」と伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기