본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

テコンドーは夏季五輪の模範種目…評価等級A2に上昇

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

趙正源(チョ・ジョンウォン)世界テコンドー連盟総裁 [写真 世界テコンドー連盟]

世界テコンドー連盟(総裁・趙正源)が夏季オリンピック(五輪)種目国際連盟連合(ASOIF)のガバナンス評価で上位から2番目に該当するA2グループに入った。

ASOIFは17日、スイス・ローザンヌで2020東京オリンピック(五輪)33種目のうち、ボクシングと空手を除いた31種目の2019-20シーズンガバナンス評価結果をA1、A2、B、Cの4グループに分けて発表した。

前シーズンはBグループだった世界テコンドー連盟は今回の評価でA2グループに引き上げられ、五輪種目として位置づけが認められた。世界テコンドー連盟はASOIFが評価システムを導入した2016-17シーズンのCグループからスタートし、Bグループを経てA2に上昇した。

世界テコンドー連盟は主要評価指標の▼透明性▼信頼性▼民主性▼スポーツ開発・和合・協力▼コントロールメカニズム--など全体的に高い評価を受けた。とりわけ透明性の部分で最も高い点を受けた。

世界テコンドー連盟が外部専門家を各分科委員に配置し、必要な政策と代案を絶えず模索しながら財政の透明性および事業の持続性を高めていった点が、五輪種目の中で注目を引くほどの模範事例として評価された。

世界テコンドー連盟はリオデジャネイロ五輪で男子15人、女子15人の審判を配分するなど五輪種目のうち最初に男女平等を実現し、国際競技連盟のうち初めて世界の難民を支援するためのテコンドー博愛財団を設立し、人類社会に対する社会的な責任を果たしてきた。

世界テコンドー連盟の趙正源(チョ・ジョンウォン)総裁は「高いレベルのガバナンスを実現するための世界テコンドー連盟の努力がASOIFに認められてうれしく思う」とし「現在の位置に安住せず、模範的な国際連盟としての位置づけを確実にするために多くの分野を改善していく」と述べた。

夏季五輪の正式種目のうち最上位レベルのA1グループに属する種目はバドミントン、乗馬、サッカー、テニス、サイクル、ラグビーの6種目。A2グループにはテコンドーのほか、バスケット、フェンシング、卓球、レスリング、陸上、ヨット、トライアスロンが含まれた。体操、ホッケー、バレーボールの11種目がBグループ、柔道、水泳、ウエイトリフティングなど6種目は最も低いC等級に分類された。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기