본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】大統領の認識が変わってこそ韓国が北朝鮮に「甲」となる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
「私は文在寅(ムン・ジェイン)です。昨日のインタビューを見ました」。

2015年初め、出勤のため地下鉄に乗ろうとしていた北朝鮮専門家、金根植(キム・グンシク)慶南大教授の携帯電話が振動した。知らない番号だった。会ったこともない文在寅新政治民主連合代表(当時)からの電話だった。金根植教授は前日、脱北者団体の対北朝鮮ビラ散布予告で波紋が広がると、放送に出演して「境界地域の国民の安全が脅かされるなど副作用があるため、ビラ散布の自制を要請しなければいけない」と発言した。これを見た文代表が金教授に電話をかけたのだった。

金根植教授によると、文代表は「ビラ散布はそれ(国民の安全)以外にも問題があるのではないだろうか。(北朝鮮の)主権を侵害する国際法違反ではないか」と話した。金根植教授は「初めて聞く話だ。そのように考えることができるのかはよく分からない。南北が分断されて競争し、ビラをやり取りしてきたが、これを国際法にかけるのは問題だ」と否定的な立場を表明した。すると文在寅代表は「とにかく私はそのように(国際法違反)考えるので、金教授も少し考えてほしい」と言って電話を切ったということだ。

金教授は筆者に「結局、文代表の言葉は『北は主権国家であり(金正恩委員長は)選出された指導者だが、他国(韓国)が非難するのは話にならない』という趣旨だった。私はこれを聞いて当時の文代表の認識は北が主権国家、正常国家ということだと判断した」と話した。「青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の雰囲気が本当に心配だ。大統領が北をそのように眺めているのに、どの参謀が『違います』と言えるだろうか。金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長が対北ビラを非難すると、青瓦台関係者から民主党首脳部まで異口同音に『ビラは百害無益』と話している。このように断固とした極端な表現がどのように出てきたのだろうか。大統領の考えが反映された言葉ではないだろうか」。

北朝鮮が「スーパー甲」として南側を愚弄する今とは違い、8年前は韓国が「甲」だった。李明博(イ・ミョンバク)政権末期だった2011-12年、北朝鮮は韓国側に「一度だけ会ってほしい」と哀願した。当時の千英宇(チョン・ヨンウ)青瓦台外交安保首席秘書官は「北の国防委員会が私の執務室に『会いたい。会って話そう』というファックスを何度も送ってきた。ストーキング水準だった」と振り返った。北朝鮮がこのような態度を見せた理由は、対北朝鮮ビラと拡声器放送のためだった。2010年の韓国哨戒艦「天安」爆沈以降、政府が対北朝鮮心理戦を再開すると、北朝鮮は「李明博大統領に暴言を吐かないのでビラ散布を防いでほしい」と訴え始めたという。韓国政府は「大韓民国は大統領の悪口を思う存分言える社会だ。あなたたちも好きなだけ言えばいい」と一蹴した。もどかしく感じた北朝鮮は「それでは何をすればよいのか」と尋ねた。韓国政府は「北側が天安爆沈の責任を認めれば、民間人統制線内の心理戦は中断させる考えがある」と伝えた。驚くことに北朝鮮側はこの提案を受けて南北は交渉に入った。青瓦台と北朝鮮国防委の関係者が米国の目を避けて北京など第3国で会い、何度か「天安秘密会談」を開いた。北朝鮮側は「責任を認めることだけはできない」としながらも「遺憾の表示はいくらでもできる」と融和攻勢を見せた。そして「我々が会談したことは絶対に秘密にしてほしい」と要請したというから、これほどのコメディはない。

北側がこのように低姿勢を見せたのは、政府が「大韓民国は表現の自由があり、民間が散布するビラは防げない。これを理由に挑発すれば断固報復する」という原則を強く守ったからだ。北朝鮮は延坪島(ヨンピョンド)砲撃挑発当時、韓国軍の自走砲反撃で韓国戦争(朝鮮戦争)以来初めて本土(黄海道)が砲撃を受けるという屈辱を経験した。労働新聞に「敵の攻撃で血流した戦士のために黄海道の住民が一斉に献血した」という報道があったほど、当時の人民軍の被害は大きかったと推定される。通常兵器の挑発では絶対に南側に勝てないことを実感した北朝鮮は、言葉では「逆賊一味の李明博政権とは絶対に共存しない」と騒ぎながらも、ビラ散布中断などを実現させるために水面下では「会ってほしい」と哀願するしかなかった。北朝鮮に「言うべきことは言う」という姿勢の李明博政権が優位に立って北朝鮮を扱うことができた秘訣だ。

破局に向かう今の南北関係を正常化する道は結局、文在寅大統領にかかっている。北朝鮮は相手が弱い姿を見せれば踏みにじり、強い姿を見せれば後退する国だ。漠然とした対北朝鮮同情心は、我々の立場を弱めて、北朝鮮の行動をさらに悪化させる最悪の手だ。北朝鮮が間違っていれば厳しく指摘し、挑発すれば数倍にして返すという意志を明確にしてこそ、韓国が甲の立場で対話を主導する道が開かれる。

何よりも本質に戻らなければいけない。北朝鮮の非核化だ。これを避けて他の道を探しても、終着点は「制裁障壁」しかないことを文大統領は忘れてはならない。

カン・チャンホ/論説委員

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기