본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文正仁統一外交安保特別補佐官「北朝鮮、実存的脅威感じる…軍事行動に出る可能性も」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文正仁統一外交安保特別補佐官

文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官は最近の北朝鮮による対南挑発威嚇と関連し、「北朝鮮が実存的な脅威を感じており、軍事的行動に出かねない」と警告した。

文特別補佐官は15日に国会議員会館で開かれた「共に民主党」の6・15共同宣言20周年記念行事で、丁世鉉(チョン・セヒョン)・李鍾ソク(イ・ジョンソク)元統一部長官と「戦争を超え平和へ」というテーマで韓半島(朝鮮半島)情勢を討論した。

文特別補佐官はこの日、「北朝鮮は米国の二重性に韓国が同調していると判断するものとみられる。(北朝鮮は)行くところまで行かなければ韓国も変わらず米国も変わらないと考えるだろうと説明した。

続けて「(北朝鮮が)戦術や交渉を通じて何かを得ようとするものではないため、北朝鮮をありのままに受け入れて対応策をまとめなければならない」と促した。

文特別補佐官は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が積み重ねた信頼が残っているので希望はあるとみている。文大統領が積極的に出なければならず、民主党も政権与党として強力に支援しなければならない」と強調した。

その上で「北朝鮮が軍事的行動に出る恐れもあるため強力な防衛体制を整えなければならない。ただし金大中(キム・デジュン)元大統領が西海交戦で拡戦しないよう指針を下したように、明敏で剛気な姿勢が必要だ」と明らかにした。

この日の討論に参加した丁世鉉元長官は「金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長がナンバー2の座を固めようとする絶体絶命の状況なので激烈に出てきているもの」と分析した。

続けて北朝鮮が6月25日を機に連絡事務所を爆破するなどの可能性を懸念し、「政府与党が積極的に院構成をしてビラ散布禁止法を真っ先に作ると動いてほしい」と強調した。

李鍾ソク元長官も与党に「もう少し果敢に進むべきで、失われる支持率は再び取り戻すことが可能なので正攻法で進むべき」とした。

李洛淵(イ・ナギョン)議員は行事が終わった後、「正しい話だ。院内指導部が早く履行案をまとめれば良い」話した。最初の法案として対北朝鮮ビラ散布禁止法を推進すべきなのかという問いには「そうだ」と答えた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기