본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、日々深刻化する少子化「今年出生児27万人、出生率0.8人」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

出生数が52カ月連続で前年同月比減少した。大田(テジョン)のある産婦人科新生児室で、生まれたばかりの赤ちゃんが看護師の世話を受けている。キム・ソンテ客員記者

今年出生児が27万人台で、合計特殊出生率は0.8人に落ちるだろうという分析が出てきた。低出産高齢社会委員会のソ・ヒョンス副委員長は9日、保健福祉部が主催した「少子・高齢化対応に向けた人文・社会フォーラム;人口の社会文明史的観点、未来社会の暮らしの様式」討論会でこのような分析資料を公開した。ソ副委員長は「人類文明史を振り返ると、一度も体験したことのない『人口現象』を韓国で目撃している」として「今年1~3月出生数が前年同期より10~12%減り、合計出生率が0.12人落ちた。この傾向とおりなら今年出生児数が27万人台の序盤、出生率は0.8人に落ちるだろう」と話した。合計特殊出生率(以下、出生率)とは、妊娠可能な女性1人が一生出産した子どもの数をいう。

韓国の出生数は2018年32万6800人から30万3100人に落ちてやっと30万人台になった。今年1-3月期の出生児は7万4050人で昨年同期(8万3228人)より11%減った。出産率も昨年1~3月1.02人から今年1~3月0.9人に減った。昨年全体の出生率は0.92人だ。

ソ副委員長は「今年出生数が27万人台の序盤に落ちれば2015年以降5年にわたって40%減ることになる」とし「このような傾向が来年、後年にはさらに深刻になるだろう」と見通した。ソ副委員長は「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の影響、就職状況、結婚状況を考えると、(来年、再来年には)出生数が20万人台序盤に落ちるだろう」とし、「出生率が上がっても一度落ちた出生数は回復が不可能だ」と指摘した。

ソ副委員長は「出生数が20万人台序盤に安定しても長期的に韓国人口が急激に減り、2090年になると1800万人台に落ちるだろう」と懸念した。9日韓国の推計人口は5178万人だ。今の約3分の1に減るということだ。ソ副委員長の見通しは統計庁の推計より約1000万人少ない。昨年3月統計庁は将来人口特別推計で韓国人口は2028年頂点(約5200万人)をつけた後、2050年4000万人台に、2070年3000万人台に落ちて2090年2861人に減ると見通した。

ソ副委員長は「2017年国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事が訪韓して梨花(イファ)女子大学生と討論し、結婚と出産に対する否定的な話を聞いて韓国社会を『集団自殺社会』とした。現在、少子化は文明社会で初めて経験する現象であり、高齢化より深刻な問題」と話した。韓国の高齢化率(65歳以上高齢者の比率)は今年15%から2040年34%、2060年44%に上がる。ソ副委員長は「若年層が結婚や出産を好む雰囲気を作り、選択することを間接的に助け、これを実現することに助力する方針」と話した。

この日、発表に出たソウル大学社会学科のパク・ギョンスク教授は成長と発展を重視する発展主義社会の仕組みの矛盾を少子化の理由として挙げた。パク教授は「平等と移動(階層)を望むが、今の発展はこれを保障できない。このような状況で若者たちが離脱し、人口再生産が止まった」と分析した。パク教授は「今の枠組みと既成世代の観点では若い世代がこれ以上生きていくことが難しい。この枠組みを変える政策、人生の価値を変える試みが必要だ」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기