본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

尹美香氏「私が死ぬところを撮ろうとしているのか」 国会事務室前の取材陣に爆発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)議員

韓国与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)議員が8日、「私が死ぬところを撮ろうと待っているのか」と話し、記者に対して不満を爆発させた。

尹氏はこの日午前、自身の事務室である国会議員会館530号前で待機中の取材陣に対して「何を撮るつもりで待っているのか。私が死ぬところでも撮ろうと思って待っているのか」とし「喪中であることが分からないのか」と話した。

尹氏はこの日、黒の服を着て左襟には蝶の形のバッジを着用して出勤した。事務室から出てくるところを待っている取材陣に会うと激高した姿を見せた。すぐに尹氏は補佐陣と共に再び事務室に入った。

これに先立ち尹氏は7日、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)のソウル麻浦(マポ)憩いの場(平和の我が家)のソン・ヨンミ所長の焼香所を弔問した後、自身のフェイスブックに「記者が門の外にカメラを立てて生中継し、まるで憩いの場が犯罪者の巣窟のように報道した」と書き込んだ。

一方、ソン氏が自ら命を絶って2日目のこの日、インターネット新聞「タンジ日報」(代表キム・オジュン)には慰安婦被害者である李容洙(イ・ヨンス)さんに対する非難文が殺到している。タンジ日報のコミュニティ自由掲示板には7日と8日「李容洙さんは非難されて当然です」「李容洙さんの甲質(カプチル、パワハラ)にうんざりします」等のコメントが掲示された。李容洙さんを「受けた経験を武器にしたボケた老慾の塊り」「日本強姦犯を片思いしたXX」という低俗な表現も飛び交ったりした。

その他にも「被害者身分そのものがおばあさんために一生献身した方の重さに比べて重くない」「本人の栄達ために、奉仕してきた人々をひっくり返した彼女たちは尊重の対象ではない」「被害者だからといってすべての非難を免じることができることではない」などのコメントも書き込まれていた。反面、尹氏に対しては積極的に支持するコメントがあった。「#尹美香頑張れ」というタイトルのコメントが8日午前にも数秒間隔で掲示されている。

一方、尹氏の夫キム・サムソク氏はこの日午前、記者190人余りが集まるカカオトークのグループチャットルームに「ソン・ヨンミ所長が逝きました」というタンジ日報掲示文をシェアした。自由掲示板で最も多くの支持を得た記事で、キム氏ではない第3者が書いたものと推定される。この記事には「所長が亡くなられて吉元玉(キル・ウォンオク)さんは家族が世話をするという。そうなると平和の我が家は歴史の中に消えることになる」としながら「狂った報道機関とニセ保守はこれについて正義連解体を云々するだろう。計画どおりするだろう」と書いた。引き続き「皆さんが助けてくださらなければならない。戦ってみたい」とし「あの人々が吐きだし犯す奇行と悪行を記録して正義連に送ってほしい」とし、正義連代表のメールアドレスを添えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기