본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

尹美香氏側に回った北メディア「日本の謝罪を阻もうとする土着倭寇のねつ造劇」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

29日、尹美香氏の会見の様子。キム・キョンビン

北朝鮮メディアも韓国与党「共に民主党」尹美香(ユン・ミヒャン)議員〔日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)元理事長〕に関心を傾けている。

北朝鮮対外宣伝メディア「わが民族同士」は31日、尹氏に対する相次ぐ各種疑惑提起が「慰安婦被害者に対する日本の謝罪および賠償を阻もうとする土着倭寇の謀略ねつ造劇」と主張した。

同メディアはこの日の報道で「反日団体である『正義記憶連帯』の不正腐敗疑惑に対して執拗に食い下がりながら、進歩民主改革勢力に対する非難攻勢に悪用している」と書いた。

同メディアは尹氏の寄付金横領疑惑を提起する勢力に対して「親日に染まった保守輩党」と称して「今回の疑惑事件を反日勢力を攻撃する絶好の機会とみなしている」と非難した。

また「親日保守メディアが尹美香と正義連が旧日本軍性奴隷被害者を売って集めたお金で個人詐取した非道徳的集団という世論を広めている」とし「保守輩党が真相究明を主張するのは盗賊がムチを持つようなもの」と主張した。

尹氏に対する攻撃が韓日慰安婦協約を合理化するための工作だという趣旨の内容もあった。

同メディアは「(尹氏関連の疑惑提起には)保守政権時、日本と締結した屈辱的な合意を正当化合理化し、進歩勢力を腐敗勢力に仕立てて政治的に埋葬しようとする陰悪な下心が根底にある」と話した。

わが民族同士の他にも、今月18日、対南宣伝メディア「統一のこだま放送」と「朝鮮中央通信」は韓国のインターネット新聞「自主時報」を引用して尹氏関連の便りを伝えた。

この2つのメディアは「未来統合党と保守メディアが第21代国会議員に当選した尹美香に対して家族問題まで引っ張り出して、盲目的に攻撃している」と主張した。

28日、朝鮮中央通信も「保守言論が性奴隷犯罪の謝罪と賠償問題が政治的日程にのぼることが怖くて『国会議員』に当選した尹美香を狙って虚偽報道をしている」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기