본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

運航中断60日のイースター航空、航空機運航免許一時停止

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新型コロナウイルスの余波で運航を中断したイースター航空が、運航中断状態が2カ月を過ぎ航空機運航免許が一時停止された。

国土交通部が29日に明らかにしたところによると、イースター航空は運航中断が60日を超過した23日から航空機の運航免許に相当する航空運航証明(AOC)の効力が停止した。

AOCは航空機の安全と関連して付与する証明書で、航空会社が組織と人材・施設・装備など安全運航体系を備えているかを総合的に検査して付与する。

航空会社の運航中止期間が60日を超えるとAOCが停止する。

イースター航空は新型コロナウイルスの感染拡大を受け3月24日から国際線だけでなく国内線の運航まで全面中断した。

23日が60日になる時点だった。イースター航空はAOCの効力停止前に国内線の運航を再開する予定だったが6月末に先送りすることにした。

イースター航空がAOCの効力を回復するためには現場点検など安全検査手続きを再び踏まなければならない。安全点検には約3週間かかる。イースター航空は運航開始3週間前に国土交通部に知らせ安全体系の点検を受ける意向を伝えたという。

だが航空業界ではイースター航空が6月末の運航再開も容易ではないだろうと予想する。チェジュ航空のイースター航空買収作業が遅れており運航再開時期はさらに先送りされるかもしれないとの分析も出ている。

航空業界関係者は「イースター航空が正常運営されるにはチェジュ航空の買収作業完了が先行しなければならない。賃金未払いなどの問題が解決されておらず、再開時期は予想しにくい」と話した。

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기