본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

サムスン電子副会長、国民に対し謝罪「子女に経営権譲らない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

サムスン電子の李在鎔副会長

サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が6日午後、ソウル瑞草洞(ソチョドン)のサムスン社屋で経営権継承や労働組合問題などに関連して謝罪した。

マイクの前に立った李副会長は頭を下げた後、「国民の期待に応えることができず、かえって失望を抱かせてしまった。法と倫理を厳格に遵守できなかった」とし「すべては私の誤り」と話した。

続いて「経営権問題で論争になったり、便法に頼って倫理的だと指摘を受けるようなことはしないという点をこの席ではっきりとお約束する」とし「ただ会社の価値を高めることだけに集中していきたい」と約束した。

李副会長はこの日、「私の子女には経営権を譲らない考え」とも話した。李副会長は「経営環境が容易ではなく、私自身が十分に評価される前に継承について言及するのは無責任なことだと考えたので、かなり以前から気持ちの中に置いていたものの外部に明らかにするが怖かった」と付け加えた。

この日の国民向け謝罪は、今年3月サムスン遵法監視委員会が「総帥一家のサムスングループ経営権継承過程で遵法義務違反行為があった点に対して、李副会長が国民に対して謝罪せよ」と勧告したことに伴うものだ。李副会長が直接記者会見を行って発表を行ったことは、謝罪の誠意を示すための判断に従ったものと見られる。李副会長は2015年6月、中東呼吸器症候群(MERS)事態の時もサムスンソウル病院の対応が不適切だったと論争になると、国民に対して謝罪を行ったことがある。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기