본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米メリーランド州知事が輸入した韓国製コロナ診断キット、FDA承認受けられず(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

メリーランド州ラリー・ホーガン州知事(右)が妻のユミ・ホーガン夫人と空港で韓国の診断キットを迎えている。[ツイッター キャプチャー]

韓国系女性と結婚して「韓国の婿」と呼ばれているメリーランド州のラリー・ホーガン州知事が直接空輸した韓国企業ラボジノミクス(LabGenomics)の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)診断キットが米国食品医薬局(FDA)の緊急使用承認(EUA)を受けられなかったことが確認された。これに伴い、50万件分の診断キットが移送されて10日が過ぎたが、現場での使用が不透明な状態だ。

◆韓国外交部「FDAの承認受けられなかったのは事実」

29日、外交部関係者は中央日報の電話インタビューに「ラボジノミクスの新型コロナ診断キットがまだFDAの緊急使用承認を受けられなかったのは事実」としながら「だが、新型コロナ事態によって連邦政府がFDAの承認がなくても州政府次元で診断キットを売れるように規制を緩和した状態で販売は可能だ」と話した。

実際、ドナルド・トランプ政府は新型コロナ事態発生後、診断能力の困難を経験した後、州政府次元でFDAの承認なしでも診断キットを購入して使えるように許可した。

これに先立ちホーガン州知事は李秀赫(イ・スヒョク)駐米韓国大使との電話会談を通じて韓国側に診断キットを買えるように取り持ってほしいと要請した。今月18日、大韓航空機を通じてボルチモア・ワシントン国際空港に診断キットが移送されて2日後の20日、ホーガン州知事は「われわれは該当企業とともにテストを終えた」と明らかにしたことがある。

しかしFDAは、ラボジノミクスの診断キット緊急使用承認検討について尋ねる現地メディアに、この日も「まだ検討していない」と答えた。
米メリーランド州知事が輸入した韓国製コロナ診断キット、FDA承認受けられず(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기