본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

独島海域に3000トン級最新型海洋警察警備艦を配備 2023年に

ⓒ 中央日報日本語版

独島[写真 国会写真記者団]

2023年、独島(ドクト、日本名・竹島)など東海(トンへ、日本名・日本海)の北方海域に3000トン級最新型警備艦が配備される。

韓国海洋警察庁は22日、時速45キロメートルまで速力を出すことができる全長120メートルの最新型警備艦を建造し、2023年に独島海域に配備すると明らかにした。

最大40日間の連続航海ができるこの警備艦は、遠洋海域でも捜索救助などの任務が遂行できるように性能を大幅に強化する。

今年12月までに船舶の基本設計を終わらせれば、来年から建造に取り掛かり、2023年度12月ごろ東海に配備することができる。

海洋警察庁装備企画課のチェ・グァンチョル課長は「最新型警備艦が配備されれば操業自制海域などの地で発生する緊急状況に迅速に対処できる」としながら「海洋主権守護の力量も大きくなること」と期待した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기