본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

髪の毛に虫も見つかる…日本、不良品マスク妊婦への配布中断

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと日本政府が妊婦に配布したマスクで汚染事例が続出していることから配布を中断すると発表した。

加藤勝信厚生労働相は21日の記者会見で、日本政府が妊婦に配布した布マスクに汚れや虫などの異物混入があるなどの問題が相次ぎ報告されたとし、配布を一時中断し原因を調査する意向を明らかにしたとNHKが報道した。

14日から妊婦に配布されたマスクは50万枚に達する。これらのマスクの一部が変色していたり、髪の毛が入っているものも見つかったという。

加藤厚生労働相はこの日午前基準で143の市町村で見つかった不良品が7870枚に達するとし、「ほとんどが市町村から配布しようとしていた中で起きたので、とりあえず止めてもらい、問題があるものは早急に回収し分析していきたい」と明らかにした。また、問題となったマスクはすべて海外で生産されたものという。

妊婦用マスクではなく1世帯に2枚ずつ配布している布マスクや介護施設に配布するマスクは不良品の報告はほとんどなかったとも説明した。

日本政府は17日から466億円の予算を投じて布マスク2枚を全国の全世帯に配布している。しかし「マスクが小さい」「耳が痛い」などの不満が殺到している状況だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기