본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

IMF「経済的混乱は4-6月期に集中」…さらに大きな衝撃 韓国政府も警戒(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

国際通貨基金(IMF)は14日、世界経済見通しを発表し、生産・消費・投資・雇用など経済全般が不安定だとした。

「労働の供給が減り、事業場の閉鎖がサプライチェーンの混乱を起こしている。産業活動、小売業、固定資産投資も急減した」。

国際通貨基金(IMF)は14日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている世界経済をこのように診断した。この日に発表した世界経済見通し(World Economic Outlook)でだ。生産・消費・投資・雇用など経済全般がふらついているということだが、韓国経済の現在の姿でもある。内需が萎縮した中、輸出にも新型コロナの影響が表れ始めた。雇用問題が深まる兆候も表れている。「パーフェクトストーム」の危機だ。昨年、財政を投入して2%成長をかろうじて守った韓国経済の反騰は水の泡となる雰囲気だ。むしろ経済後進の最小化を模索している。

すでに複数の機関が今年の韓国のマイナス成長を既成事実とみている。野村証券(-6.7%)に続いて、キャピタルエコノミクス(-3%)、モルガン・スタンレー(-1%)も冷静な予測を出した。IMFがこの日に明らかにした韓国の今年の経済成長率予測値(-1.2%)は、こうした予想に対する確認するものだ。IMFはさらなる下方修正の余地も残した。IMFは「今回の見通しは今年下半期に新型コロナが消えるというシナリオを仮定している」とし「新型コロナが予想より長く続く可能性があり、成長率はさらに下がることもある」と説明した。

◆デパートの売上高、前年比31%減

新型コロナの影響が真っ先に表れた消費は不振の終わりが見えない。新型コロナの影響が本格化した2月のデパートの売上高は前年同月比30.6%も減少した。ディスカウント店の売上高も前年同月比19.6%減少した。小売販売全体では6%減少した。消費心理が冷え込み、内需不振の溝が深まる可能性が高い。

主要工場も次々と稼働が停止した。2月の製造業稼働率は前月比4.9ポイント減の70.7%となった。世界金融危機後の2009年以来10年11カ月ぶりの最低水準だ。起亜自動車がまた工場の稼働停止を検討するなど生産正常化はまだ遠い。生産および消費の急減で市場に資金が回らなくなり、実物・金融複合危機も懸念されている。漢陽大経済学部のハ・ジュンギョン教授は「今は経済の時間が事実上停止している状況であり、市場で流動性が途切れた状況」とし「資金の流れが止まった流動性危機が長引く場合、金融部門に危機が転移する可能性がある」と指摘した。
IMF「経済的混乱は4-6月期に集中」…さらに大きな衝撃 韓国政府も警戒(2)

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기