본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「110人の大量死」イタリアの老人ホームに隠蔽疑惑…死因は単純肺炎?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が猛威を振るうイタリアの老人ホームで1カ月間で100人を超える死者が出た。当局は原因究明のために緊急調査に乗り出した。

9日(現地時間)、日刊紙ラ・レプッブリカなど現地メディアによると、北部ロンバルディア州ミラノのピオ・アルベルゴ・トゥリブルチオ老人ホームで1カ月強の期間に110人が死亡したと報告された。

死者のうち、新型コロナウイルス感染症に関する事例がどれほどかは確認されていない。しかし、ミラノをはじめとする北部地域が新型コロナ感染拡大の拠点という点からウイルス感染事例は少なくないものとみられる。

新型コロナウイルス感染症が急速に広がったとき、この老人ホームでは事実上、防疫の備えが皆無だったことが分かった。この老人ホークに勤める医師は、従業員にマスクなど個人防護具の着用を要求したという理由で職位を剥奪されたと主張した。

さらに、老人ホーム内の資料には、死者の死因が単純肺炎と記載されており、隠蔽の疑惑も提起された。肺炎は新型コロナウイルス感染患者に見られる代表的な症状であり、主な死因だ。

イタリア保健当局は警察官を含む特別調査チームを構成し、同施設の調査を始めた。同施設はロンバルディア州内最大規模で1000人余りが入居していることが分かった。

現地では全国の老人ホームが新型コロナウイルス感染症の防疫死角地帯のまま長く放置されたという懸念が高まっている。イタリアの多くの老人ホームの死者は新型コロナウイルス感染症の事後検査から排除され、感染疑いのある症状で病院に入院するケースも多くないという。

これらは保健当局が毎日集計している新型コロナウイルス感染症による死者の統計にも含まれていない。イタリアの新型コロナウイルス感染症による死者数が公式集計よりはるかに多いという主張に説得力がある理由だ。

ウイルス分野最高の専門機関、国立高等衛生研究所(ISS)のジョバンニ・レチャ感染症局長は「老人ホームの死者が過小評価されている」とし「これは否定できない事実」と述べた。

同日基準のイタリア累積感染者数は14万3626人で、米国、スペインに次いで多い。死者数は1万8279人で、世界最大だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기