본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

新型コロナ、韓国で一度に10人の大量検査方法開発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
ハイリスク集団の療養施設などを対象に、一度に最大10人の新型コロナウイルスへの感染の有無を確認するプーリング検査が開発された。短期間に大量の検体を診断し、集団感染の拡大を遮断するのに役立つものとみられる。

9日、疾病管理本部中央防疫対策本部は、検査の効率性を高めるために診断検査医学会と合同でプーリング検査法(Pooling)のプロトコルを構築したと発表した。

この検査法は数人分の検体を混合し、1つの検体にして検査するものだ。検査で陽性が出た場合、残りの検体で個別の再検査を行い、感染の有無を確認する。陰性であれば再検査せずに複数の検査を一度に終わらせる効果がある。

症状はないが感染予防のために定期的検査が必要な療養施設の入院患者などハイリスク集団で感染者を選別する際に有用だというのが当局の説明だ。

この日、鄭銀敬(チョン・ウンギョン)中央防疫対策本部長(疾病管理本部長)は記者会見で「プーリング検査は保健環境研究院を中心に、地域社会の集団選別検査の際に用いる予定」とし「療養施設の入院患者など、症状がないハイリスク集団に対して疾病監視の目的で実施した場合、大きな効果があると考えられ、検査が必要な有症状者は個別に検査する」と述べた。

当局は、無症状者に対する先制的検査としてプーリング検査を使用すれば、コストと時間を大幅に削減すると同時に検査の精度は維持できると説明した。

この日の会見に同席した権桂撤(クォン・ゲチョル)診断検査医学会理事長は「プロトコルは疾病管理本部と診断検査医学会所属の3つの医療機関が共同で650回の評価試験を経て実験状況に合わせて製作された。プロトコル適用時、10個の検体を混合して試験しても、個別検体に比べて96%以上の感度を維持することができる」と述べた。

権理事長は続けて「プーリング検査は限られた資源を効率的に使用して、大量の検査を迅速に実行するために外国でも活発に研究されている」とし「世界的医学専門誌の米医学会誌(JAMA)にも地域社会伝播監視のための検査方法として紹介されたことがある」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기