본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

俳優パク・ボゴム、ドラマ『青春記録』出演決定…パク・ソダム×ピョン・ウソクと下半期にお茶の間にカムバック

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

パク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソク

パク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソクが綴る『青春記録』に注がれる期待が熱い。

2020年の下半期に放送予定のtvNの新しい月火ドラマ『青春記録』がパク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソクの出演が確定し、本格的な撮影に突入した。

『青春記録』は生まれた家庭の環境によって人生が変わり、夢見ることさえ贅沢になってしまったこの時代の若者、そんな中でもそれぞれの方法で夢に向かって真っすぐ向かっていく青春の熱い記録を通じて愉快な笑いと共感を伝える予定だ。

名前を聞いただけで信頼が高まる製作陣の顔ぶれは完成度を保証する。『秘密の森 ~深い闇の向こうに~』、『アルハンブラ宮殿の思い出』、『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』のアン・ギルホ監督と『ドクターズ〜恋する気持ち』、『愛の温度』のハ・ミョンヒ作家がタッグを組んだ。更に『冬のソナタ』、『太陽を抱く月』、『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~』、『椿の花咲く頃』の制作会社のファンエンターテインメントが制作を担い、ウェルメイド・ドラマの誕生を期待させる。

劇中のパク・ボゴムの情熱を胸に抱える現実主義の若者、サ・ヘジュンに扮し、新たな代表的キャラクターの完成に期待が集まる。モデルで俳優を夢見るサ・ヘジュンは理想と現実が調和する人物。明るく穏やかな性格だが、客観的に世界を見つめることのできる柔軟な共感力も持っている。パク・ボゴムは熾烈な現実の中で生きていく若者の顔をありのままに演じて共感を届ける。

『ボーイフレンド』以来1年ぶりに帰ってきたパク・ボゴムへの期待がいつも以上に熱い。これまで『応答せよ1988』、『雲が描いた月明り』、『ボーイフレンド』で独自の魅力を披露してきた。高い演技力はもちろんのこと圧倒的なスター性を持つパク・ボゴムだけに、彼が演じる若者、サ・ヘジュンがすでに楽しみだ。

メーキャップ・アーティストが夢のアン・ジョンハは代替不可能な魅力でスクリーンを掌握したパク・ソダムが演じる。自分がどんな人なのか客観視できる安定した生来のセンスと努力で環境に振り回されずに自分だけの道を進んでいく人物。内面の不安定性を捨てて自ら安定を求めるしっかり者の若者だ。

映画『パラサイト 半地下の家族』で第92回アカデミー賞4冠を占め、世界中の注目を受けたパク・ソダム。彼女の次回作にも期待と関心が集まっている。様々な映画で強烈なインパクトを残してきたパク・ソダムは『青春記録』で現実を生きていくしっかり者の若者のアン・ジョンハで新たな演技を見せる。特に4年ぶりのドラマ復帰作という点で注目されている。

ピョン・ウソクはサ・ヘジュンの親友あり、モデル兼俳優の「ウォン・ヘヒョ」に扮する。ウォン・ヘヒョは持って生まれたものではなく、自分の努力を認めてもらいたい若者だ。優しく紳士的だが、勝負欲も強い。好きなことならば、最善を尽くすため恵まれた環境に生まれたから恩恵を受けていると見られることは我慢できない。友達のパク・ボゴムと正々堂々と勝負して今のポジションについたと信じている。ドラマ『ディア・マイ・フレンズ』、『検索ワードを入力してください:WWW』、『コッパダン:朝鮮婚談工作所』で演技力を確かめたピョン・ウソク。モデル出身らしい並外れたビジュアルでウォン・ヘヒョのキャラクターとのパーフェクトなシンクロ率を見せる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기