본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

トランプ氏「WHOが新型肺炎の防疫を台無しに…非常に中国中心的」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ドナルド・トランプ米国大統領

ドナルド・トランプ米国大統領は7日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の対応について世界保健機関(WHO)が中国寄りだと非難した。

トランプ大統領はこの日、ツイッターを通じて「WHOが(新型肺炎防疫を)台無しにした。WHOは主に米国から資金支援を受けているが、非常に中国中心的」と主張した。

また「幸いにも私は米国の国境を早くから中国に開放してほしいというWHOの忠告を断った」として「彼らはなぜ米国にこのような誤った方法を勧めたのだろうか」と反問した。

WHOは昨年末、中国で新型肺炎の発病が報告されて以来中国寄りという批判を浴びてきた。中国の迅速な対処が新型肺炎の拡大を遅らせたとして中国政府を擁護してきたためだ。

また、WHOはパンデミック(世界的大流行)宣言を躊躇して感染者数12万人を超えてからパンデミックを宣言するなど、初期対応が遅れたという指摘を受けてきた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기