본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「封鎖せずコロナ対応の韓国をモデルに」…イタリア専門家150人が主張

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
イタリアの著名な科学者と教授が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため韓国をモデルにすべきだと訴えた。

イタリア科学界の約150人は2日(現地時間)、日刊紙イル・ソレ・24オレ(il sole 24 ore)に共同声明文を載せ、「市民の健康を保護すると同時に、社会・経済活動を正常化するために封鎖政策に続く『第2段階対応』が必要だ」と主張した。

イタリア政府の封鎖政策は成果を出しているが、封鎖が長期化すれば回復不可能な社会経済的被害が発生する可能性がある、と懸念を表した。封鎖政策を数カ月間にわたり継続することはできないということだ。

専門家は「第2段階対応」として韓国の新型コロナ対応法を挙げた。声明文では、韓国は一時、世界で新型コロナ感染者数が2番目に多かったが、積極的な防疫政策で医療システムの崩壊を防ぎ、致命率を低めたと紹介した。続いて「韓国のように広範囲で攻撃的な検査と感染者・感染の疑いがある人を精密追跡して隔離し、国家システムを停止させずにウイルスを屈服しなければいけない」主張した。

声明文は、日本・台湾・シンガポールなどが韓国モデルを模倣していて、フランス・ドイツ・ポーランドなど欧州の国も関心を向けていると伝え、「イタリアも韓国方式を採択して成果を出すことができると信じる」と明らかにした。

また、封鎖を解除する前に韓国型モデルを適用してこそウイルス再拡大を防ぐことができる、と提案した。このため検査能力を強化し、感染者位置追跡用スマートフォンアプリケーション開発などに集中すべきだと主張した。また、韓国のように多数の人々が集まる公共場所でマスクの着用を義務づけるべきだと助言した。

この日までイタリアの新型コロナ感染者数は11万5242人と、世界で米国(24万4373人)の次に多い。死者数は1万3915人と世界最多だ。致命率も12%を超えた。

韓国は感染者1万62人、死者174人で、致命率は1.7%と世界で最も低い。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기