본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「トランプ大統領、日本発外国人の米国入国拒否を考慮」

ⓒ 中央日報日本語版
トランプ米大統領がアジアで新型コロナウイルス感染拡大が続いているとし、日本発外国人の米国入国拒否を考慮していると、共同通信が2日(現地時間)報じた。

共同通信によると、トランプ大統領は2日の記者会見で、米国発外国人旅行客を入国拒否対象に含めるという日本政府の決定に理解を示し、「我々はそれを見ている」と述べた。日本は最近、韓国、中国、米国、欧州のほとんどの国からの外国人の入国を拒否し、入国拒否対象を73カ国・地域に拡大した。

トランプ大統領は「彼らがそのようにしても問題はないと考える」とし「彼らは彼らの国を守ろうとしていて、我々はわが国を守らなければいけない」と述べた。

米国は現在、新型コロナ発源地の中国とイラン、欧州の多数の国からの外国人旅行客を入国拒否した状態だ。韓国に対しては入国拒否をしていない。ただ、韓国など多くの国で正規ビザ(査証)発行業務を中断している。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기