본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

コロナ協力で協議急進展…韓米防衛費交渉暫定妥結

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ米大統領

第11次韓米防衛費分担金協定(SMA)が暫定妥結し早ければきょうにも発表される見通しだ。

交渉状況に精通した韓国政府関係者は1日、「米国とSMA妥結関連内容を最終調整中。早ければきょう午後に発表する可能性がある」と話した。

両国は分担金総額で劇的に立場の差を狭めたとみられる。米国は昨年9月に始まったSMA交渉で今年韓国が負担する在韓米軍分担金として昨年の1兆389億ウォンの5倍を超える50億ドル近い金額を提示したが40億ドル前後に下げた。韓国は10%前後の引き上げを提示した。だが双方の総額の隔たりがあまりに大きく、先月の7度目の会議でも立場の差を埋めることはできなかった。

外交部によると、米国がこれまでの立場から退き分担金総額を大幅に下げたという。このように米国が劇的な変化を見せたのは、米国内の新型コロナウイルス感染拡大が両国間の防衛費分担金交渉にも影響を及ぼしたとの見方が出ている。

外交部当局者は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ米大統領が24日夜の電話会談で新型肺炎克服に向け協力することにしたことを契機に交渉が急流に乗った」と話した。電話会談でトランプ大統領は新型肺炎に対応するための医療装備支援を文大統領に要請し、現在韓国企業が生産した診断キットが輸出を控えている。

両国はSMAの適用期間を「多年間適用」とする案に合意したと伝えられた。昨年の第10次SMAは有効期間が1年だった。これと関連して、8次と9次協定の時に5年適用で合意しており、今回も5年合意が有力とされる。

韓国政府は最大限迅速に交渉を終え5月29日までの第20代国会の任期中に批准を受ける案を推進する方針だ。

妥結が迫ったことでこの日から施行された一部在韓米軍韓国人労働者に対する無給休職は近く解消されるものとみられる。これに先立ち在韓米軍は全韓国人労働者8500人のうち半分近い4000人ほどにこの日からの無給休職施行を通知した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기