본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国LCCのイースター航空、「シャットダウン」に続き見習い副機長80人余りの契約解除

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

イースター航空のB737-MAX8[イースター航空]

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡散で韓国航空業界が危機に直面し、雇用不安も大きくなっている。

30日、航空業界によると、格安航空会社(LCC)のイースター航空はこの日、1~2年目の見習い副機長80人余りに翌月1日付で契約を解除するという内容をメールで伝えた。

通常、見習い副機長は見習い期間の飛行訓練が終われば正規職に転換されるが、今回は会社の経営悪化で契約解除が決まったという。

イースター航空関係者は「解除通知を受けた職員は40対1以上の競争率を通過して入社した。今回、無給休職など最大限、会社の方針に参加してもらったが、残念なことに経営事情が厳しく正規職に転換できなくなった」と説明した。

メールには今後、会社の事情が改善されれば彼らから優先して雇用するという代表取締役名義の案内書も入っていたという。

新型コロナが全世界に拡散し、航空業界は枯死の危機に置かれている。

イースター航空はすでに今月24日から1カ月間の「シャットダウン」に入った。国内航空会社が新型コロナ事態で国内線・国際線の運航をすべて中断したのは初めてだ。また、流動性不足で役職員の2月の給与は40%だけ支払われたが、3月には給与さえ出ないほど経営難が続いている。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기