본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国株価、また1700割れ…景気沈滞懸念で3%下落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国取引所

先週1700を回復したKOSPI(韓国総合株価指数)が経済沈滞の懸念から1600台に下落した。

30日のKOSPIは前週末比47.39ポイント(2.76%)低い1670.34で取引が始まった。取引開始1分後に指数は1664.86に下落し、その後は1670に達していない。午前10時基準で1666.58。

急騰していたニューヨーク株式市場は27日(現地時間)に下落した。ダウ平均(-4.06%)、S&P500(-3.37%)、ナスダック(-3.79%)などだ。良いニュースよりも悪いニュースの影響が大きかった。2兆2000億ドル規模の「スーパー浮揚策」が下院を通過して大統領が署名したが、米国内の新型コロナウイルス感染者数が10万人を超えて中国を上回った。英国からジョンソン首相の新型コロナ陽性も伝えられた。

国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は同日、オンラインブリーフィングで「景気沈滞に入ったのは確実」とし「2009年のグローバル金融危機ほどの悪化またはそれ以上かもしれない」と述べた。

新韓金融投資のリサーチセンターは「4月のKOSPIは1500-1800ポイントで推移すると予想される」とし「3月の経済指標が出て企業1-3月期の実績が発表されれば、新型コロナの衝撃が見えるだろう」と伝えた。

この日、ソウル外国為替市場で韓国ウォンは5.4ウォン値下がりした1ドル=1216.0ウォンで取引が始まり、午前9時58分基準で1ドル=1220.80ウォンとウォン安ドル高が進んでいる。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기