본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

崔泰源SK会長「新型コロナ、再発の可能性大の危機…新たなセーフティネットの構築を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

崔泰源SKグループ会長[中央フォト]

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は再発の可能性が高い危機だ」

SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長は24日、ビデオ会議で行われたスペックス追求協議会に出席し、新型コロナウイルス感染症問題をこのように評価した。崔会長は「新型コロナによる困難がのしかかっているのを見て、これまでSKが構築していたセーフティネットはもはや有効ではないことを目撃している」とし「『頑張って耐えてみよう』というような態度を捨てて、完全に新しい横糸と縦糸でセーフティネットを構築しなければならない時」と述べた。

スペックス追求協議会とは、SKグループの主要関連会社16社の最高経営責任者(CEO)が参加するグループ固有の経営協議機構だ。崔会長は参加対象ではないが、この日の会議には後半に参加し、メッセージを伝えた。

崔会長は続けて「困難な時期であるほど疎外された組織や個人が発生しないように、企業がより強固で体系的なセーフティネットを構築しなければならない」と強調し、「そのためにすべての関連会社が既存の慣行やシステムなどを原点から冷静に見直してほしい」と求めた。

新たなセーフティネットは、崔会長が昨年から強調している企業の社会的価値につながるものと読み取れる。これについてSKグループの関係者は「京畿(キョンギ)地域所在の研修院と仁川(インチョン)SK舞衣(ムイ)研修院を新型コロナウイルス感染症の一時生活施設として提供したように、顧客・ビジネスパートナーはもちろん、社会と共にSKが保有する資源やインフラなどを共有できる方案を探し、これを実行に移そうという趣旨」と説明した。

1カ月以上、在宅勤務を続けている崔会長は、従業員の勤務条件の変化にも言及した。崔会長は在宅勤務で生活パターンに大きな変化が生じたワーキング・マザーを例に挙げて「環境への継続的な研究とデータの蓄積などを通じて体系的なワークシステム(Work System)として定着させられるように努力してほしい」と伝えた。

崔会長は最後に「私たちには多くの危機を克服してきたDNAがあるため、希望と覇気を持って立ち向かえば、今日の試練は新たな成長と成熟の契機になるだろう」と述べた。

崔会長はこの日の会議では、各社未曾有の危機を突破できる生存条件を確保するためにも尽力して欲しいと求めた。崔会長は「市場の苦しい状況が加速しているため、各社自らの生存のためのR&C(Resource&Capability、資源と力量)の確保はもちろん、投資家に持続可能性への信頼を得るために力を尽くさなければならない」と強調した。これに先立ち、崔会長は23日午後、ビデオ会議による「経営懸案点検会議」を自ら主宰した。この会議で崔会長と参加者は新型コロナウイルス感染症の経済的影響を確認し、業種別・関係会社別対応策を議論した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기