본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

豪州五輪委「東京五輪延期でも出場権獲得選手の資格は維持されるべき」

ⓒ 中央日報日本語版
豪州オリンピック委員会(AOC)が、2020東京オリンピック(五輪)が延期されても出場権を獲得した選手の資格はそのまま維持されるべきだと主張した。

AOCは25日、ホームページを通じて、国際オリンピック委員会(IOC)、日本政府、大会組織委員会が東京五輪の延期に合意したことを歓迎する、という声明を出した。

25日のロイター通信によると、AOCのマット・キャロル最高経営責任者(CEO)は取材陣に「すでに五輪予選を通過した選手は大会が来年に延期されても出場資格を維持されるべきというのが我々の立場」と明らかにした。

キャロルCEOは「今から2021年の間に選手の気持ちは変わるかもしれないが、いま選手たちは誰が五輪代表に選抜され、誰がまだ予選をすべきかについて確実性を持つことが最も重要だ」と述べ、これに関する方針が早期に定められるよう促した。

現在までIOCは出場権問題に関する措置を発表していない。現在、東京五輪参加選手全体1万1000人余りのうち57%が出場権を獲得している。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기