본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文大統領、サウジ皇太子と電話会談「新型肺炎の国際連携が切実」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅大統領が24日午後、青瓦台官邸でサウジアラビアのムハンマド皇太子と電話会談を行っている。[写真 青瓦台]

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子兼副首相および国防長官と電話会談で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎9)事態に関連して「国際連携がいつにもまして切実だ」と話した。

カン・ミンソク青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官はブリーフィングで文大統領が26日に開かれるG20(主要20カ国・地域)特別テレビ首脳会議を2日前にしたこの日午後8時から20分間、ムハンマド皇太子と電話会談を行ってこのように言及したと明らかにした。

文大統領は「全世界が新型肺炎で困難を強いられG20の連携が切実だと考えたが、サウジ側の迅速な対応で明後日会議が開かれる」とし、「議長として皇太子のリーダーシップを高く評価したい」と話した。

サウジアラビアは今年G20首脳会議の議長国だ。

文大統領は「コロナ事態は単なる保健レベルの問題を越え、経済・金融・社会の全分野でその危機を広めている」として「今回のテレビ首脳会議の開催は非常に時宜を得たもの」と説明した。

同時に、文大統領は「コロナ拡散の抑制のために人的交流の制限は避けられないが、世界経済に及ぼす否定的な影響を最小化する方法を探る必要がある」として「各国の防疫活動を阻害しない範囲内で企業家の活動保障などについて国際協力案が特別テレビ首脳会議で踏み込んだ協議が行われることを願う」と強調した。

ムハンマド皇太子は文大統領の話に共感しながら「いかなる問題にも韓国と協力する準備ができている」と話した。

ムハンマド皇太子は今回の会議の議題として「保健的な面でどのようにコロナウイルスを統制するか」「新型肺炎が経済に及ぼした否定的影響をどのように最小化するか」「新型肺炎が政治に及ぼした否定的影響をどのように最小化するか」「世界貿易交流をどのように容易にするか」などを取り上げたとカン報道官が伝えた。

また、ムハンマド皇太子は「G20は2008年世界金融危機を克服した事例がある。保健危機を乗り越え、全世界の成長の回復を主導するのにG20諸国の役割が大きい」として「危機をともに克服するために韓国とは二国間的協力も並行されることを希望する」と強調した。

文大統領は会談の最後に「健康状態確認書の持ち込みなど一定の防疫条件を満足させる企業家に対しては交流が許されるように関心と支援をお願いする」と話した。

これを受け、ムハンマド皇太子は「韓国は個人的、さらにサウジアラビア国民にもいつも尊敬し高く評価する国」として「韓国に役に立つのは別に措置する予定で、サウジアラビアが必要なのは要請したい」と答えた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기