본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

東京五輪、来年開催へ…史上初の延期(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

安倍晋三首相

安倍晋三首相が東京オリンピック(五輪)の1年延期を公式宣言した。近代オリンピック124年の歴史上でオリンピックが延期になるのは今回が初めてだ。

安倍首相は24日午後8時からトーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長と電話会談を行い、「2020年7月に開かれることにした東京五輪を約1年延期することで合意した」と明らかにした。安倍首相は電話会談後、首相官邸で記者団と会い、「開催国日本として、東京五輪について現下の状況を踏まえ、世界のアスリートの皆さんが最高のコンディションでプレーでき、そして観客のみなさんにとって安全で安心な大会とするために、おおむね1年程度延期することを軸として検討してもらえないかと(バッハ会長に)提案をした」と明らかにした。続いて「バッハ会長から『100%同意する』という答えをもらった」とし「遅くとも2021年の夏までに、東京五輪・パラリンピックを開催することで合意をした」と明らかにした。安倍首相はまた「改めて東京五輪・パラリンピックの中止はないということについて、バッハ会長と確認をした」とも明らかにした。この日の会談はバッハ会長の提案で約45分にわたって行われた。会談には東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長、小池百合子東京都知事、橋本聖子五輪相、菅義偉官房長官らが同席した。

安倍首相は五輪延期時点を約1年としたことについて「現下の感染症の広がりの状況を見る中で、これは年内ということは難しいだろう(と考えた)」とし「遅くても21年の夏までに、ということで合意をした」と説明した。引き続き「人類が新型コロナウイルス感染症に打ち勝った証しとして、完全な形で東京五輪・パラリンピックを開催するために、IOC・バッハ会長と緊密に連携をしていく」としながら「開催国の責任をしっかりと果たしていきたい」と強調した。

小池知事は、「2020年には東京五輪はない」とし「大会の名称はそのまま『東京2020』でいく」と話した。

五輪延期が公式化されて26日に福島から出発予定だった聖火リレーは中止になった。歴史上、五輪が中止になったり開催地が変更されたりしたことはあるが、延期になったのは今回が初めてだ。すべて第1・2次世界大戦のためだった。特に日本は第2次世界大戦で1940年東京夏季五輪、札幌冬季五輪が中止になったことがあるが、今回は初めての五輪延期という、うれしくない記録を持つことになった。
東京五輪、来年開催へ…史上初の延期(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기