본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

真夜中に緊急に文大統領と連絡したトランプ大統領「医療装備を支援してほしい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅大統領が24日午後、青瓦台官邸でドナルド・トランプ米大統領と電話会談を行っている。[写真 青瓦台]

ドナルド・トランプ米大統領が24日夜、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談で韓国に新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の対処のための医療装備を支援できるかを打診したとカン・ミンソク青瓦台報道官が明らかにした。カン報道官によると、トランプ大統領は「新型肺炎の対処のために医療装備を支援することができるか」と尋ね、文大統領は「国内で余裕があれば最大限支援する」と答えた。この過程で文大統領は米食品医薬品局(FDA)の承認手続きが必要になるかもしれないと説明し、トランプ大統領は「今日(現地時間)中に承認されるように直ちに措置する」と話した。

カン報道官は「23分間行われた電話会談ではトランプ大統領の緊急提案があった」として両首脳が新型肺炎の国際的拡散に対する憂慮を共有したと伝えた。トランプ大統領は韓国の新型肺炎の対処に「とても上手く対処している」と明らかにしたという。

韓国戦争(朝鮮戦争)以降米国大統領が相当期間主な恩恵国だった韓国の大統領に医療支援を公開的に要請したのは極めて異例のことで、24日現在新型肺炎による感染者が4万3000人を超えるなど米国の状況が悪化の一途をたどっているとみられる。

トランプ大統領が言及した「医療装備」について青瓦台は具体的に明らかにしなかった。ただし、トランプ大統領は電話会談に先立ち、自身のツイッターに「顔面マスクと人工呼吸器の世界市場は狂っている。われわれは州が装備を持つように助けているが、それは簡単ではない」としてマスクと人工呼吸器需給の困難を訴えた。米国は診断キットの不足問題も経験している。

このほかに両首脳は19日に締結された通話スワップについて「国際金融市場の安定に寄与する非常に時宜を得た措置だった」と評価した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기