본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米ニューヨーク・ワシントン州に防衛軍投入、IBMスパコンがワクチン探す

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米国ドナルド・トランプ大統領が22日(現地時間)ニューヨーク・ワシントン・カリフォルニアの3州に新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)防疫のための州防衛軍を投じると明らかにした。ニューヨークに続き、ワシントン・カリフォルニア州を重大災難地域に追加宣言しながらだ。特に、ニューヨークは世界全体感染者の約5%に近い1万5000人以上感染者が発生し、新型コロナのグローバル震央に浮上した。

ジョンズホプキンス医大によると、この日午後10時現在、米国内感染者は3万3276人、死亡者は417人となっている。このうちニューヨークが1万5793人で感染者の半分に達する。死亡者数も117人でこれまで死亡者が最も多かったワシントン州(95人、感染1996人)を上回った。ニューヨーク市近隣のニュージャージー州もこの日感染者が1914人(死亡20人)で、カリフォルニア(感染1642人、死亡30人)より多かった。

絶対多数感染者がニューヨーク市で発生している中で、ニューヨークのビル・デブラシオ市長はこの日、「公園などに大衆が集まる場合、集中的に取り締まるだろう」と明らかにした。薬局・食料品店以外の非必須事業場の閉鎖したことに続き、セントラルパークに10人以上集まれば取り締まり対象だ。個別散歩や運動は止めないが、群衆はニューヨーク警察と州防衛軍を動員して強制解散させるという意味だ。

感染者が100人を超えたワシントンDCも桜の花見物のために群衆が集まることを防ぐために州防衛軍を動員することにした。

ミュリエル・バウザーDC市長はこの日、「州防衛軍と警察が毎年3月20日~4月12日、桜祭りが開かれたタイダルベイスン地域に進入するのを遮断するだろう」と明らかにした。祭りが中止になった中で主宰側はツイッターで「今年は各自家庭で平安に仮想ツアーを楽しんでほしい」とし、動画を提供した。

トランプ大統領はこの日夕方、ホワイトハウスの記者会見で「新型コロナで大きな打撃を受けたニューヨークなど3州には100%連邦資金で州防衛軍を配置すること」としながら「州知事の指揮の下、ウイルス拡散を防ぐ任務を遂行する」と話した。

これら3州で患者が急増したことに対して「ニューヨークに1000病床の臨時連邦医療施設4カ所、カリフォルニアには2000病床の施設8カ所、ワシントン州にも1000病床の大型施設3カ所と小型連邦医療施設4カ所を支援するように連邦緊急事態管理庁(FEMA)に指示した」と話した。それぞれ1000病床を備えた海軍病院船をニューヨークとロサンゼルスに配置するのとは別途の措置だ。

トランプ大統領はまた「IBMが高性能スーパーコンピュータを活用して新型コロナの研究と治療剤、ワクチン開発を助けることにした」とし「アマゾン・マイクロソフトとマサチューセッツ工大(MIT)、ニューヨークのレンセラー工科大学、ローレンス・リバモア国立研究所(RPI)、米航空宇宙局(NASA)等も一緒にする」と明らかにした。

トランプ大統領の側近であるランド・ポール共和党上院議員が新型コロナの検査結果で陽性が確認されて上院議員5人が自宅隔離に入った。ミット・ロムニー、マイク・リー議員が彼と接触したという理由で自宅隔離を宣言したほか、リック・スコット、コリー・ガードナー上院議員はこれに先立って陽性反応が出た外交官と接触して隔離に入った状況だからだ。

トランプ大統領はこれら共和党議員が隔離に入り、目前の23日の景気浮揚法案表決が難しいのではないかという質問に「ミッチ・マコーネル上院院内代表と自宅など隔離場所で表決に参加できる方案を議論中」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기