본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

7回目の韓米防衛費交渉も「立場の隔たり」…韓国人勤労者の「無給休職」の懸念拡大

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

17日、防衛費分担特別協定(SMA)の締結に向けた7回目の韓米間会議を終えたチョン・ウンボ韓米防衛費分担交渉大使(左側)とジェームズ・ディハート米国務省防衛費分担交渉代表(政治軍事国選任補佐官)が記念撮影をしている。[写真 外交部]

韓国が今年負担した在韓米軍防衛費分担金水準を定めるための韓米間交渉がまた再び結論に達することができなかった。これに伴い、駐韓米軍基地内の韓国人勤労者に対する無給休職が現実化する可能性も大きくなった。

外交部は20日、韓米両国が17~19日(現地時間)米国ロサンゼルスで「第11回防衛費分担金特別協定」の締結に向けた7回目の会議を行ったとして「まだ両側間立場の隔たりがある」交渉決裂を伝えた。

外交部は「韓米は相互間受け入れられる合意の早急な妥結を通じて協定空白を最小化し、韓米同盟と連合防衛態勢に寄与できるように緊密に協議していくことにした」と説明した。

今回の会議は1月14~15日、米国ワシントンD.C.で開かれた6回目の会議以降2カ月ぶりに再開されたものだ。

韓国代表団は総額に対する意見の隔たりを埋めることができなければ、韓米軍韓国人勤労者の無給休職を防ぐために人件費問題だけまず妥結を試みるという計画だったが、米国側の反対にぶつかって実現できなかった。

韓米は今年1月から適用されるべき第11回SMAの締結に向けた交渉を昨年9月から進めているが、総額などに対する意見の隔たりで合意に至っていない。

米国は最初要求した50億ドル(約5600憶円)よりは引き下げられたが、依然として昨年〔約1兆389億ウォン(約900憶円)〕より大きく引き上げられた40億ドル内外の金額を提示しており、韓国は10%内外の引き上げで対抗していることが分かった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기