본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓経:韓国、1週間で時価総額360兆ウォン減少

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
株価が短期間に垂直落下し、わずか1週間で韓国株式市場で360兆ウォン(約30兆円)を超える時価総額が蒸発した。

19日の有価証券市場でKOSPI(韓国総合株価指数)は133.56ポイント(8.39%)下落した1457.64で取引を終えた。有価証券市場の時価総額は前日比89兆6190億ウォン減の982兆1690億ウォンとなった。終値基準で有価証券市場の時価総額が1000兆ウォンを下回ったのは2011年10月7日(984兆7450億ウォン)以来。

今月12日以降の5営業日の間に減少した時価総額は363兆3790億ウォンにのぼる。有価証券市場の時価総額が302兆7260億ウォン減、KOSDAQ市場は60兆6530億ウォン減となった。これほど短い期間に時価総額が360兆ウォン以上も減少した前例はない。この期間にKOSPIとKOSDAQはそれぞれ23.61%、28.08%下落した。

時価総額10兆ウォン以上の超大型株も急減した。時価総額10兆ウォン以上の企業は昨年末基準で30社だったが、19日終値基準では19社に減った。この1週間、サムスン電子の1銘柄だけでも時価総額の減少は55兆257億ウォンにのぼる。

専門家はグローバル景気沈滞の恐怖が投資資金を株式市場から引き出しているとし、新型コロナ拡大傾向が収まるまでは市場も落ちつかないとみている。

キウム証券のソ・サンヨン研究員は「各国政府と中央銀行が流動性を供給しているが、恐怖に包まれた市場は事態が緩和して工場が再稼働したり治療薬の開発が伝えられてこそ反騰するだろう」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기