본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓経:米メディア「韓国産エノキタケを食べて4人死亡」報道に…キノコ価格が急落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
「米国で韓国産エノキタケを食べて4人が死亡した」という報道が広がり、韓国のキノコ農家が直撃弾を受けた。

今月18日、ソウル卸売市場で流通した中級レベルのエノキタケの価格は5キログラム基準で7000ウォン(約600円)だ。11日、9000ウォンから1週間で22%以上値下がりした。米国など海外に輸出されることができなかったキノコ物量が国内に流通され、エノキタケの値段が当分落ちるほかはないというのがキノコ流通業界の説明だ。

エノキタケの輸出が難しくなったのは10日米国の発表のためだ。この日、米国疾病予防管理センター(CDC)はリステリア菌中毒により米国で36人がけがし、この中で4人が死亡したと発表した。CDCが患者の中で22人を対象に疫学調査を行った結果、彼らの中で12人が普段キノコ類を摂取したと明らかになった。米国で販売中である韓国会社のエノキタケからリステリア菌が検出されたという事実が知らされると「韓国産エノキタケの摂取によって米国で死亡者が発生した」という報道が相次いだ。

食中毒を引き起こし得るリステリア菌は摂氏100度の水に15秒間加熱すれば死滅する。韓国キノコ生産者連合会関係者は「国産エノキタケからリステリア菌が検出されたのは事実だが、該当キノコが病気の原因なのかは確認されていない」として「リステリア菌中毒の原因をめぐり追加調査が進められているのに一部のメディアが国産エノキタケを摂取して死亡者が発生したかのように報じている」と主張した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기