본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

KOSPI1520ポイント台に急落…為替相場10年ぶり1260ウォン台

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

18日のKOSPIは前取引日より81.24ポイント(4.86%)下落の1591.20で取引を終えた。[写真 韓国取引所]

瞬間的に反騰した韓国総合株価指数(KOSPI)が下げ幅を拡大し1530を割り込んだ。10取引日連続で買い攻勢を続けてきた個人投資家も売り越しに転じた。

19日のKOSPIは前日より34.89ポイント(2.19%)上がった1626.09で取引を開始した。前日大引け直前に下げ幅が大きくなり5%近く急落した後で反対買い傾向が流入するかと思われた。上昇は3分を超えることなく折れた。午前9時55分基準で指数は1545.74、午前10時5分基準で指数は1527.04を記録している。

3月5日から10取引日連続で買い越しを記録した個人投資家がこの日KOSPI市場で売り越し(10時16分現在31億ウォン売り越し)に転じたのが目につく。外国人投資家は11取引日連続の売り越し(1722億ウォン売り越し)を記録中で、機関投資家だけが買い越し(1619億ウォン買い越し)を見せている。

18日のニューヨーク証券市場はサーキットブレーカー発動にも急落で引けた。ダウ平均は1338.46ドル(6.30%)安の1万9898.92ドルで取引を終え、2017年1月から3年2カ月ぶりに2万ドルを割り込んだ。S&P500指数は5.18%、ナスダック指数は4.70%下がった。ウォール街の「恐怖指数」と呼ばれるシカゴオプション取引所(CBOE)変動性指数(VIX)は10%ほど上がった85まで上がり過去最高を記録した。国際原油価格はWTI基準23.37ドルまで下落し2002年4月以降で最低水準に落ちた。

米連邦準備制度理事会(FRB)とトランプ大統領が出した財政・通貨浮揚策にも証券市場が力を得られずにいる様相だ。大信証券マーケット戦略室は「新型肺炎感染速度をトランプ政権が追跡できていないという恐怖が再び襲撃したもの。投資家は新型肺炎で米国経済が沈滞に陥るものと予想している」と見た。NH投資証券のチョ・ヨンジュ研究員は「米国企業の売り上げと国民の賃金断絶が短期に現実化されるのに比べ政府の政策実行速度は期待より遅いという評価だ」とした。未来アセット大宇のパク・ヒチャン研究員は「景気低迷時には景気浮揚策だけで市場の雰囲気反転は難しい。今回の景気低迷懸念の核心は新型肺炎拡散のため、これに対する統制成果が株価反騰の必須要件だ」と分析した。

ウォンの価値は引き続き下がっている。この日ソウル外国為替市場でウォン相場は前日より11.3ウォンのウォン安となる1ドル=1257.00ウォンから始まり、9時58分基準で1262.0ウォンとなった。ウォン相場が1250ウォンを超えたのは2010年6月10日の1271.5ウォン以来10年ぶりだ。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기