본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「WHO要求時は東京五輪断念」野心家バッハの本音が読み取れる言葉(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
バッハ会長は野心が大きいだけに敵も多いというのが複数のIOC専門家らの話だ。IOCだけ20年以上取材してきたある米国人記者は匿名を前提に「バッハ会長のリーダーシップに不満があるIOC委員もいると把握している。彼には来年のIOC総会が大きな試験台」と話した。

彼に対しIOC委員は複雑な心境を持っている。バッハ会長特有の強力なリーダーシップとカリスマ性は高く買うがやや強圧的という不満もあるという。彼がロシアやサウジアラビアなど特定地域のリーダーと親密な関係があるという評判もやはり不満の種になる。2013年のIOC総会で彼が「予想された勝者」にもかかわらず3度目の投票まで進む接戦の末に当選を確定できた背景だ。

IOCと日本政府の悩みは深い。双方とも13日現在までは強行の立場を守っている。バッハ会長は3日にIOCの最高意志決定機関である執行委員会を主宰し、「中止や延期は議論されず、東京五輪成功に専念する」と明らかにした。

◇東京五輪、1940年にも中止になった先例

新型肺炎問題で一刻を争う状況で世界の株価が大暴落しているのに五輪なのかと話す人たちもいる。だが五輪はIOCと安倍政権にとってはとても重要な問題かもしれない。トランプ大統領は12日、安倍首相に「1年延長したらどうか」と提案し、安倍首相がすぐに電話をしたのを見ても安倍首相が東京五輪に死活を賭けていることがわかる。日本は1940年に開催予定だった東京五輪を第2次世界大戦の渦中で中止されたことがある。日本が戦争を起こした責任を問い当時IOCは開催権を剥奪した。開催中止と延期は日本にさまざまな面から悪夢だ。

五輪延期には現実的な問題が山積している。まず数カ月先送りしようというのは事実上不可能だ。五輪放映権料市場で大口である米NBC放送はすでにIOCと東京五輪放送広告で1兆5000億ウォンに達する金額を支払った。NBCとしては東京五輪にそれほど大きな興味をそそられないかもしれない。時差のためだ。数カ月延期するならば米国の主要スポーツイベントであるプロバスケットボール(NBA)とプロフットボール(NFL)のシーズンと重なる。IOCとしてはNBCの立場を考慮しないわけにはいかないのが現実だ。

このため日本国内でも慎重に延期論が出てきながらも「1~2年」という選択肢に重きを置いている。東京五輪組織委員会の高橋治之執行委員も10日にウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで「今年開かれないなら1~2年の延期が最も現実的オプション」と話した。このインタビューをしたアラステア・ゲール編集委員は12日、記者に「(延期という)オプションを考慮していないならば驚くべきこと。しかしまだ決定できていないようだ」と伝えた。

来年に延期するならばIOC委員長の再選と重なり、2022年に延期するならば同年はメガスポーツイベントのボトルネック現象が発生する。2022年には北京冬季五輪に続きカタールでサッカー・ワールドカップも予定されているためだ。

東京五輪に向けた聖火はすでにギリシャのオリンピアで点火された。この聖火を消すことができる最終権限はバッハ会長にある。消すのかやめるのか、それがバッハ会長が解くべき問題だ。
「WHO要求時は東京五輪断念」野心家バッハの本音が読み取れる言葉(2)

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기