본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国外交部「中国に伝染病作った国の『汚名』をかぶせてはならない」

ⓒ 中央日報日本語版
中国外交部の趙立堅報道官は4日の定例会見で、「個別メディアがいかなる根拠もなく新型コロナウイルスを『中国ウイルス』と勝手に呼ぶのは、中国に伝染病を作った国という汚名をかぶせようとするもので、全面的に別の底意があるもの」と主張した。

趙報道官は、「現在ウイルス発源地を探す作業が進行中だがまだ結論が出ていない。世界保健機関(WHO)も何回も新型肺炎は世界的現象であり発源地はまだ確実でないと明らかにしている」と話した。

彼はまた「中国の権威ある呼吸器疾病専門家である鐘南山中国工程院院士も『新型コロナウイルスは中国で最初に出現したが、必ずしも中国で発源したとみることはできない』と話した」と伝えた。

彼は「いまはウイルスをどのように抑制することができるかに関心を注ぐべきで、地域を汚名化する言葉は避けなければならない」と話した。WHOが新型コロナウイルスに「COVID-19」という名前を付けたのも病名が国や地域と関連付けてはならないためだと説明した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기