본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

大宇造船、日本海運会社と「LNG設備FSRU」運営システムの共同開発

ⓒ 中央日報日本語版
大宇(テウ)造船海洋が日本の商船三井と共同で高付加価値の船舶とされる「浮体式液化天然ガス貯蔵・再ガス化設備」(LNG-FSRU)の先端化に取り組む。

大宇造船海洋は商船三井とLNG-FSRUのデジタル化のための戦略的技術共同開発協約を結んだと26日、明らかにした。

「浮かぶLNG基地」と呼ばれるLNG-FSRUは陸上ターミナル建設など大規模な設備投資がなくても天然ガスの供給が可能で、代表的な高付加価値の船舶に選ばれる。

両社は船舶運航の効率性、利便性、安全性を向上させる「スマートシップソリューション」を開発し、商船三井のLNG-FSRUに搭載することにした。

大宇造船海洋は、このために独自のスマートシップソリューションに基づいて主要機器の遠隔モニタリング機能とデジタルでの運転条件の最適化などを備えたスマート船舶運営システムを実装する計画だ。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기