본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「福島食材、そっちの国よりきれい」…日本復興相、「輸入規制」韓国批判

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
日本当局者が福島県を含む近隣8県の水産物の輸入を規制している韓国政府を批判した。

田中和徳・復興相は18日の記者会見で、2011年原発爆発事故が起こった福島県の食材輸出問題について「そっちの国よりよっぽど安全だし、きれいだ」と話した。

田中復興相は「福島の食材は日本の中でも問題はない低い(放射能の)数値だ。韓国の(食材の)数値も把握している」としながら「日本は世界中でもっとも厳しい基準をクリアしているものを流通させている」と強調した。

田中復興相は日本政府が2012年10月から放射性物質であるセシウムの濃度基準を1キログラムあたり100ベクレルに強化したと付け加えた。韓国のセシウム濃度基準は1キログラムあたり370ベクレルだ。米国は1200ベクレル、欧州連合(EU)は1250ベクレルを超えない水準で流通を許可している。

韓国は2013年9月から福島など8県で獲れた水産物の輸入を全面的に禁止してきた。日本産食品の全品目に対しても、セシウムなどが微量でも検出された場合、追加検査を要求した。

これに対して日本政府は「規制に科学的根拠がなく、自由貿易の妨げになっている」として、2015年4月に世界保健機関(WHO)に提訴したが、韓国政府は昨年4月にこの紛争で勝訴している。当時、WHOは世界各国の政府は裁量的に安全基準を設定することができると認めた。

現在、韓国の他にも台湾、中国、香港、マカオなど5カ国が日本産食材の輸入を規制しており、その他にインドネシアやEUなど15カ国は自主的に設定した制限的な規制策を打ち出している状態だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기