본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】韓国、個人の純金融資産10万ドルに増えてこそ日本を追える(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
◆金融資産が多ければ老後も安心純金融資産の蓄積が少ないのには複合的な理由がある。過度なインフレーションによる金融資産に対する不信感が根深いうえ、不動産価格の暴騰で実物投資に対する需要が非正常的に大きい。最近は自営業や中小企業などの所得階層の萎縮で、中産層の金融資産蓄積機能が顕著に落ちた。金融市場の成熟度が低く、監督機能が不十分で発生した派生結合ファンド(DLF)事態のように、金融消費者がまともに保護されず、金融商品の需要が急減したのも原因だ。金融機関に対する過度な規制が先端金融商品の開発を難しくさせる要因もある。また韓国の金融負債は特に多いが、これには2つの理由がある。一つは過度な不動産投機、もう一つは自営業者を含む中産層の没落だ。最近、家計の負債が急増しているのはこうした理由のためだ。では、解決策は何か。金融負債比率を先進国水準に下げてリスクを減らさなければいけないが、方法は2つに1つ、金融負債を強制的に減らすか、純金融資産を増やすことだ。しかし金利を引き上げたり、貸し出し規制を強化して償還圧力を高め、金融負債を無理に減らす方法は、副作用と苦痛があまりにも大きい。最も良いのは純金融資産を増やすことだ。しかし投資と消費という内需が極度に冷え込んだ状況で国内貯蓄を増やせば、内需景気を沈滞させるリスクが大きい。結局、効果的な方法は積極的な輸出拡大と輸入抑制を通じた経常黒字の蓄積となる。現在の水準の純金融資産1人あたり3万3000ドルを先進国や日本・台湾水準の1人あたり10万ドルに引き上げるには、1人あたり6万7000ドル、国家全体では3兆4000億ドルの純金融資産をさらに増やさなければいけない。経常黒字が年1000億ドルと仮定する場合、34年間貯めなければいけない金額だ。この場合、現在の水準の金融負債を1人あたり3万ドルに維持すると仮定すれば、負債比率は92%から30%台に下がる。大韓民国の総金融資産規模は6兆7000億ドルとなり、世界5位の金融強国、国民が裕福な国、すなわち「民富国」になる可能性がある。申世敦(シン・セドン)/淑明女子大経済学科名誉教授
【コラム】韓国、個人の純金融資産10万ドルに増えてこそ日本を追える(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기