본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国防総省、来年の予算案発表…「THAAD基地費用4900万ドルは韓国負担」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米国防総省が最近、2021年の予算案を発表し、慶尚北道(キョンサンブクド)THAAD(高高度防衛ミサイル)基地に軍事施設を建設するプロジェクトに「韓国側建設費用(Korea funded construction)」4900万ドル(約54億円)を反映したことが分かった。THAAD関連費用が米国防総省の予算で提示されたのは今回が初めてであり、防衛費分担金との連係の可能性が提起されている。韓米両国は今年から新しく適用する第11次防衛費分担金特別協定(SMA)交渉を進行中だ。SMA交渉が妥結する前から米国防総省が韓国政府の負担費用を韓国側と相談もなく予算案に含めたのは異例だ。

韓国軍の関係者は14日、米国側との事前協議があったかどうかについて「具体的に協議されたことはない」とし「星州(ソンジュ)基地の環境影響評価が終わった後に協議する事項」と話した。外交部も「事前協議はなかった」という反応だ。

◆米国「THAADアップグレードに10億ドル」

米国防総省が米本土とグアム、韓国など7カ所に配備されたTHAADの性能改善費用として10億ドルを投入する計画を明らかにした点も注目される。ジョン・ヒル米ミサイル防衛局長は「発射台を砲台と分離できれば朝鮮半島に多くの柔軟性を与えることになる」と説明した。THAAD発射台を砲台にあるレーダーから分離して移動配備する形の性能改善だ。

韓国軍当局者は「性能改善に関する米国側の基本的な立場を聞いただけであり、具体的にTHAAD発射台をどこに移すのか、追加で配備するかについては全く議論されたことがない」と伝えた。

◆防衛費圧力の出発点「THAAD」、米国防総省の予算案に登場

米国防総省の予算案が関心を引く理由は、トランプ大統領が韓国に防衛費分担金引き上げ圧力を加え始めた点がTHAADだったからだ。2017年4月、トランプ大統領は就任100日記念インタビューで「THAAD運用費用の10億ドルを韓国が負担するようにしたい」と述べた。最近のワシントンポストの報道によると、同年7月の内部会議でトランプ大統領がティラーソン国務長官など外交・安保参謀が集まった席でTHAADに言及し、「韓国のためのミサイル防衛(MD)費用として100億ドルを注いでいる」と主張した。

このため米国がSMA交渉でいかなる形であれミサイル防衛システム(MD)費用の分担を貫徹させるという見方が出ている。昨年12月に訪韓した米国務省のジェームズ・ディハートSMA特別代表は、「米国が要求する費用にTHAAD関連運用費が含まれているのか」という質問に対し、肯定も否定もしなかった。ただ、韓米交渉チームはTHAAD運用費用を防衛費交渉と直接関連づけようとはしなかった。配備当時から韓国で反対世論があった敏感な事案であり、SMAで言及すれば実益はないと判断したと考えられる。

外交部のSMA交渉チームはこの日も「THAAD費用分担に関する内容はSMA交渉の過程で全く議論されていない」という立場を表した。問題は、米国が要求するミサイル防衛システム費用の分担にTHAAD運用費用が含まれたかどうかを明確に区分するのが難しい点だ。米国が提供するミサイル防衛システムにはTHAAD、パトリオット3などが含まれるが、SMA交渉ではミサイル防衛システム関連費用としてまとめて「グレーゾーン」で合意する可能性がある。

◆徐々に拡大するSMA

米国防総省が今回発表した「韓国側費用」がTHAAD運用費用でなく基地内軍事施設関連予算という点も、韓国側の反発を最小化するためとみられる。米予算案は星州THAAD部隊に「新しい建設プロジェクト」名目で4900万ドルを反映した後、韓国政府の分担の可能性に言及したが、「軍事建設費」は従来のSMAで韓国側が分担してきた項目だ。ここには武器倉庫・照明・サイバーセキュリティーなどに3700万ドル、電気・下水道・道路舗装・排水などに約700万ドルの予算計画が反映された。韓国政府では、米国の一方的な予算発表に当惑するとしながらも「総額妥結後にSMA履行過程で国防当局間の裁量で使える程度の予算であるようだ」という反応も出ている。

米国はトランプ政権に入って総額だけでなく細部内訳でもSMAでカバーする範囲を徐々に拡大している。第11次SMA交渉は最終段階に入ったが、韓米当局は2月の交渉日程さえも決められずにいる。ある情報筋は「それだけ『真実の瞬間』に近づいているということ」とし「どちらか一方が決断して劇的に妥結するか、それとも決裂するか、重要な時点に来ているのは確かだ」と語った。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기